ハロウィンにカボチャのクッキー

1031日はハロウィンですね。カボチャのペーストを生地に練り込んでパンプキンシードを飾ったクッキー

b0199933_16052333.jpg

1031日の夜は、この世とあの世の境目がなくなり、悪霊や死者の霊たちがあの世からこの世にやってくると信じられていて、人々はそれぞれ仮装して悪霊たちの目をくらまし、自分に乗り移らないようにしたとか。


ちっちゃい黒猫のマントを作りました。(スタイは既製品)

b0199933_16064441.jpg
b0199933_16065940.jpg

日本でハロウィンがこんなに盛んになったのは最近ですねぇ。知人の話で、玄関のピンポンが鳴ったので見たら、ハロウィンの衣装を着た子供が
3人覗いていたので驚いたそうです。「お菓子を用意しておかないと困るわね」と笑いました。


忘れられた巨人 カズオ・イシグロ著 (土屋政雄訳)

b0199933_16173558.jpg


5世紀ころ、アーサー王が姿を消した後のブリテン島が舞台になっている。この大地には竜の吐息のために奇妙な霧に覆われて過去の記憶を失ってしまうという現象があり、悪鬼、妖精、竜なども徘徊するような不思議な世界なのです。ブリトン人の老夫婦が息子の住む村を探す旅に出る。そこにはかつての敵であった、サクソン人の戦士や少年との出会いがあり、一緒に荒れ野を旅するが次から次へと試練に襲われる。忘れてしまった記憶が戻る恐怖を抱えながらも記憶を取り戻そうと、夫婦はその霧を出している竜を退治するために奔走する。夫婦の息子は探せたのか、記憶が戻って昔のことを思い出すことが幸せだったのか...忘れてしまうことが幸せなのか...民族間の対立は!とファンタジー作品の要素を用いて現代の私達に問いかけられているようです。二人の結末がどうなるのか謎と余韻が残ります。
ノーベル賞作家カズオ・イシグロさんの作品です。

[PR]

# by mamakoba | 2017-10-26 16:29 | Comments(0)  

甘酒を入れて作った丸パン

b0199933_16551767.jpg

娘が水の代りに甘酒を入れて、じっくり発酵させたパンを作りました。お米を使っているので、もっちりとした食感で、甘酒の風味が独特の味わいです。

ピエタ 大島真寿美著

舞台はベネチア。45年前にピエタ慈善院に捨てられて、孤児として育ったエミーリアの言葉で語られていく。子供たちに曲を作り、バイオリンを教えていた、司祭でもあった作曲家のヴィヴァルディがウィーンで亡くなったところから物語が始まります。ヴィヴァルディにまつわる秘密もエミーリアの人生も淡々と明かされていくのですが、実らない愛や孤独をも運命として受け入れる強さと優しさ、女性同士の友情にも心が和みます。ただ、捨て子を入れるために慈善院に備え付けたスカフェータというスポット。エミーリアも言っているように、スカフェータがあることによって、安易に捨てられる子供たちのことはどう考えれば良いのでしょうか...。
[PR]

# by mamakoba | 2017-10-19 16:58 | Comments(0)  

甘酒でスムージー

b0199933_16523378.jpg

冷凍にしてあった甘酒と巨峰をミキサーにかけてスムージーにしました。スダチをたっぷりしぼって、和風スムージーです。

米麹で作った甘酒は、麹が活きているので、発酵が進むと酸っぱくなるので、冷凍保存で味の変化を防ぐことが出来て、1ヶ月から半年までの長期保存が可能だそうです。私も作った甘酒を冷凍にしてあります。


[PR]

# by mamakoba | 2017-10-19 16:53 | Comments(0)  

レーズンと胡桃入り南瓜のパウンドケーキ

b0199933_16320257.jpg

前に作った時なぜか膨らみが悪くて、どうしてかなぁ!と娘に言ったら、カボチャの水分が多かったのじゃないかと言われたので、今度はレンジで水分をとばしてホクホクのカボチャで再度挑戦。農家からいただいた南瓜がゴロゴロとあるので、まだまだいろいろ作らなくては・・・。前回の失敗ケーキを食べさせた人にごめんなさい。


ビブリア古書堂の事件手帖

b0199933_16375017.jpg

古書に関しては並外れた知識を持っているけど、極度の人見知りである美貌の古本屋店主、栞子(しおりこ)が、客が持ち込む古書にまつわる謎を解いていくというシリーズ本。テレビドラマになった時は観ていないのですが、小説も気軽に読めました。


[PR]

# by mamakoba | 2017-10-12 16:40 | Comments(0)  

クルミの飴がけ


b0199933_17334727.jpg


お砂糖と水飴と水を煮詰めた中にレモン汁をたらしてから、オーブンで焼いたクルミを絡めてあります。


横道世之介 吉田修一著

b0199933_17361679.jpg

山手線新大久保駅で泥酔した男性がプラットホームから線路に転落し、その男性を救助しようとして線路に飛び降りた日本人のカメラマンと韓国人留学生が、進入してきた電車にはねられ、3人とも死亡した。というニュースを覚えていますか?その日本人カメラマンをモデルにした小説です。

大学に通うために長崎から上京した世之介はちょっと変わった大学生。ちょっと図々しくて空気を読まない人間だけど、どこか憎めない青年と、出会った友達との1年間の交流。その16年後に電車の線路に落ちた男性を救助しようと線路に飛び込んだ二人の男性が事故に巻き込まれ死亡したと報じられました。ひとりが日本人カメラマンの世之介だったのです。当時の世之介を懐かしく思いだす友達の話に泣けてしまいます。そのカメラマンが世之介のモデルとしてそのまま再現されているわけではないのでしょうが、とっても愛すべき青年なのです。どんなに美談として周りが褒めたたえようが、我が子は帰ってこないのです。親の気持ちで考えても虚しいものですね。

高良健吾と浮世離れしたお嬢さま役が印象的な吉高由里子主演の映画もとても良かったです。


[PR]

# by mamakoba | 2017-10-05 17:39 | Comments(0)  

レーズン入りロック・クッキー

b0199933_17300900.jpg

ひとくちサイズの小さなクッキーです




[PR]

# by mamakoba | 2017-10-05 17:32 | Comments(0)  

京都宇治の抹茶そば

b0199933_16431136.jpg

京都宇治の抹茶そばをお土産にいただきました。庭にある青紫蘇、茗荷、わけぎなど、そろそろ終わりになるので、もう最後かなぁと薬味に揃えました。ほのかな抹茶の香りで贅沢気分を味わいました!


「命短し恋せよ乙女」展  弥生美術館

b0199933_16485483.jpg

お彼岸のお墓参りの後、近くの弥生美術館に行ってきました。大正恋愛事件簿。とあるように、小説家、女優など世の中を賑わせた恋愛事件、その恋のいきさつを新聞記事や写真などで紹介してありました。平塚雷鳥や与謝野晶子の恋、松井須磨子の後追い自殺、柳原白蓮の恋、有島武郎の心中事件。北原白秋と隣家の妻との不倫。谷崎潤一郎が妻に片想いを寄せていた佐藤春夫との間に起こした「細君譲渡事件」、岡田嘉子の「恋の樺太逃避行」等々。自由に生きられなかった時代背景もみえる一方で、自由奔放だなぁとの驚きも感じます。凡人にはない純粋さ故の罪深さと情熱もまた名作を生むのでしょうか。マツオヒロミさんの画のコーナーもあり、最終日だったので若い女性で混雑していました。私は初めて知ったのですが、イラストレーター、マツオヒロミさんのファンが大勢いらしたのでしょうね。


[PR]

# by mamakoba | 2017-09-28 16:58 | Comments(0)  

キュロットスカート

b0199933_14014410.jpg


夏のうちに型紙を作って、用意してあったものの自分の物は後回し。やっと出来上がったら、来年用になってしまいました!

神去なあなあ日常  三浦しをん著

b0199933_14034008.jpg

高校卒業後、進路が決まらないでいた都会育ちの勇気は、先生や両親に三重県の神去村に1年間、林業の研修生として送り込まれてしまう。そこは山奥で携帯も通じないし、もちろん遊ぶ場所もない。何度も脱走を試みるが、車がなくてはどうにもならない。いやいややるうちにも仕事にも慣れ、まわりの美しい景色にも感動し、なあなあな村人にも馴染んでいく勇気。勇気の心の言葉で語られるのもコミカルで面白く、林業の仕事も丁寧にえがかれて、わかりやすかったですよ。自分もこの村に入り込んでいく気分で読みました。

以前、三浦しをん著「舟を編む」も面白くて夢中で読みました。映画も良かった!


[PR]

# by mamakoba | 2017-09-21 14:05 | Comments(0)  

白いブラウス

b0199933_16373784.jpg

b0199933_16433843.jpg

白くてショールカラーで刺繍も入れて...と思い浮かんだデザインです。刺繍は下手ですが、遠目で見てください!


昨夜のカレー、明日のパン 木皿泉著

b0199933_16384456.jpg

7年前に25歳で死んでしまった夫の一樹。なかなかその死を受け入れられない嫁のテツコと義父とは今も一緒に暮らしている。その悲しみを見守るように登場する人々がみんな善い人ばかりで、止まってしまった二人の生活も徐々に変化して...軽妙な言葉のかけ合いも、読んでいて心地よく、楽しめる物語でした。


[PR]

# by mamakoba | 2017-09-14 16:45 | Comments(0)  

甘酒

b0199933_14125686.jpg

お土産にいただいた鹿児島産の麹です

b0199933_14134820.jpg
b0199933_14132021.jpg

作り方までついているのでその指示通りに作りました。炊飯器の保温を50℃くらいに保つようにスイッチを入れたり、消したりしながら6時間くらいでトロッとした甘酒が出来上がりました。私はいつもモチ米を炊いて作ります。温かいのも美味しいですが、今の季節は少し水で薄め、ミキサーにかけてトロトロにして生姜を絞って冷やして飲みます。お砂糖もいれないのになんでこんなに甘いのでしょう!


ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎著(
2008年本屋大賞受賞)

b0199933_14142032.jpg

首相暗殺の犯人に仕立てられ、見えない大きな敵から逃げまくる男の逃走劇。犯人とは信じない、元恋人や友達、またはその事件に興味を持った他人や、凶暴犯など、都合よく助けられるのもまあ、面白くするにはありかな。エンディングもちょっと寂しいけど、良い終わり方だと思いました。

これは堺雅人主演の映画で観たのが面白くて、印象に残っていたのです。


[PR]

# by mamakoba | 2017-09-07 14:18 | Comments(0)