人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

アップルパイ

b0199933_09091206.jpg

女性で珍しく、甘いものが苦手でお菓子をまったく食べない人がいます。でもアップルパイだけは大好きと言うのです。


ひとつむぎの手 知念実希人著


b0199933_09092957.jpg

大学病院で家族との時間を削ってまで、過酷な勤務に耐えて一流心臓外科医になることを夢見ている平良裕介は、医局の最高権力者で日本有数の心臓外科医の赤石教授から、3人の研修医の指導をして入局させれば、希望している富士の病院へ出向し、心臓外科医への道が開かれるが、できなければ心臓外科のない沖縄の病院への出向を言い渡される。さらに赤石が論文のデータを捏造したとの告発状が出回り、その犯人を捜すように命じられるのだ。その告発状が巻き起こした騒動の行方は思いもしないことに発展していく。平良の心の中の嫉妬心や誠実に患者に向き合う姿、研修医への接し方など不器用にみえる人間味溢れる姿が魅力的。著者が医師と言うことで、病院の内情がわかりやすく理解できます。次が気になって一気に読み進められ、とても面白く感動しました!


by mamakoba | 2019-02-28 09:11 | Comments(0)  

白菜の中華風漬物

b0199933_09065910.jpg

友人の美智子さんが作ってくれた白菜の漬物がとても美味しいので、私も作ってみました。白菜の芯の柔らかいところを使います。細く切って塩をして、しばらくしたらもんで絞ります。胡麻油、酢、砂糖、醤油少々、唐辛子を混ぜて火にかけ、熱々を白菜の上からジュっとかけます。蕪の葉を同じようにしても美味しかったです。


甘夏みかんのピールとマーマレード

b0199933_09064384.jpg

私にとっては皮の方が大事な無農薬の甘夏みかんです


さざなみのよる 木皿 泉著

b0199933_09071221.jpg
 

マーケットストアの「富士ファミリー」の次女、小国ナスミが末期のガンで夫と共に故郷に戻って43歳で亡くなるところから物語が始まります。夫、姉、妹、叔母など親族から、東京時代のもと同僚、ナスミが幼少期の頃に誘拐しようとした男、中学生のナスミと家出を試みた同級生、その後ナスミの夫と再婚する女性など、ナスミと関わる登場人物の14の連作になっています。

生きた証はしっかりそれぞれの中に残って、ナスミの残した言葉や行動が皆の心にさざ波のように広がっていきます。ナスミの死によって新たな人生も芽生えて、人は繋がって行くものなのだ...と幸せな未来や希望もみえてきます。

おんばざらだるまきりくそわか 「生きとし生けるものが幸せでありますように」

お茶をのみにきてください

はい、こんにちは

いろいろお世話になりました

はい、さようなら

「お金にかえられないものを失ったんならお金にかえられないもので返すしかないじゃん。だから、やるんだよ」

「こんにちは」と私がもどれる場所でありたいの。誰かが、私にもどりたいって思ってくれるような、そんな人になりたいの」

「あんたかわいいんだから、バカみたいに笑いなよ」「どうやったらできるんですか」「楽しいと思ったら笑えるんじゃないの」

「良いことも悪いことも全部受け止めて、最善を尽くす」

ナスミがかけた言葉ですが、ほんの一言が人の生き方に大きく影響を与えることがあるのですね。

「昨夜のカレー、明日のパン」に続く木皿泉さんの本。私の心に残りました。


by mamakoba | 2019-02-21 09:11 | Comments(0)  

フォカッチャ


b0199933_12443217.jpg

イタリア料理の平たいパンです。オリーブオイルの良い香りがして美味しいですよ。


記憶の隠れ家 小池真理子著 


b0199933_12473205.jpg

刺繍の家 獣の家 封印の家 花盛りの家 緋色の家 野ざらしの家 6編の物語

愛おしい記憶もある家は、辛く恐ろしく封印してしまいたい記憶の家だったりすることもある。それぞれの家の真実があらわになった時、その怖さにゾワっとします。残酷で絶望的な中にも継母の愛情や体の不自由な老いた父親の優しさが話の救いになっているところが良かった!凄い短編小説6編でした。


by mamakoba | 2019-02-14 12:49 | Comments(0)  

切り干し大根

b0199933_14385641.jpg
b0199933_14383857.jpg

雨のない日が続いたので大根を切って干しました。大根は殆どが水分なのでとても少しになってしまいますが、天日干しで栄養価がグーンと上がり、食物繊維やカルシウムも豊富!旨みが凝縮するのですね。


空中庭園 角田光代著


b0199933_14391573.jpg
 

家の決まりは秘密は持たず、隠し事はしないこと!がモットーの一家。パパの貴史、ママの絵里子、高校生のマナ、中学生のコウの4人家族は実は皆、秘密を隠して暮らしている。この4人と絵里子が引きこもりだった子供の頃から今も憎しみをもっている絵里子の母親。それとパパの浮気相手のミーナ。6人の視点で語られていく物語。仲良しにみえる普通の家庭の中の闇が明らかになるにつれ、サスペンスのような怖さも感じます

by mamakoba | 2019-02-07 14:50 | Comments(0)