<   2017年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

シュトーレン

b0199933_17234478.jpg

シュトーレンはクリスマスに食べるドイツの菓子パン。パン生地にラム酒につけたドライフルーツやナッツを混ぜて焼きます。食べる時は薄く切って。

今年もあとわずかになりました。相変わらず年賀状もまだまだで遅くなります。ごめんなさい。

一年間ブログを観てくださった皆様ありがとうございます。来年も2週目からお会い出来ればと思っておりますのでどうぞよろしく。幸せな2018年をお迎えください。


[PR]

by mamakoba | 2017-12-28 17:24 | Comments(0)  

クリスマスディナー

b0199933_16535873.jpg

クリスマスは娘の料理で。メニューはビーフシチュー、エビとイカなどのマリネ、かぼちゃとベーコンとシメジのグラタン、生ハムとカブのサラダ、フランスパン。デザートは苺のレアチーズケーキ。

デザートは苺のレアチーズケーキ

b0199933_16545863.jpg

ブリックスクエアのツリー

b0199933_16533702.jpg

丸ビルのツリー

b0199933_16542974.jpg

どちらもシックで素敵なクリスマスツリーです



[PR]

by mamakoba | 2017-12-28 17:08 | Comments(0)  

もうすぐクリスマス

b0199933_15003263.jpg
b0199933_15005563.jpg

クリスマスケーキとサンタクロースのクッキーは娘が作ったものです。皆さんも素敵なクリスマスを!


[PR]

by mamakoba | 2017-12-21 15:36 | Comments(0)  

コンニャク作り

b0199933_14591761.jpg

今年も農家の方がコンニャク作りに呼んでくれたので、一緒に作りました。

茹でたコンニャク芋に多めの水を入れてどろどろになるまで茹でます。そこに凝固剤を入れてぐるぐるかき混ぜてから固めます。

b0199933_14595336.jpg

固まったコンニャクを切って茹でます。

b0199933_15001358.jpg


作りたてをわさび醤油でお刺身のように食べると美味しい!柚子味噌で食べると、これもまた合います!


[PR]

by mamakoba | 2017-12-21 15:33 | Comments(0)  

柚子シフォンケーキ

b0199933_16191182.jpg

柚子の香りと少しの酸味を効かせたシフォンケーキも美味しいですよ!柚子の皮としぼり汁を入れたこの季節ならではのケーキ。


ズーム―デイズ 井上荒野著

b0199933_16261951.jpg

妻のある恋人カシキと付き合いながらテレビ局で知り合った八歳年下の学生アルバイト、ズームーと暮らし始める私。辛い恋と安らぎのある恋の間で揺れ動く小説家の私。著者の自伝的小説?

ずいぶん前に読んだことのある、直木賞受賞作の「切羽へ」も心に残っている小説です。

今週観たDVD

「幸せなひとりぼっち」

 亡くなった最愛の妻の元に早く旅立ちたいと試みる主人公のオーベは、引っ越してきた隣人から修理や子守りを頼まれたり、運転を教えて!とか何かと問題を持ち込んでくるので、なかなかあの世に行けない。うんざりしながらもだんだんに心を開いて妻との思い出や自分の人生を語りだす。世界的ベストセラーとなったフレドリック・バックマンの同名小説を映画化し、スウェーデンのアカデミー賞と言われるゴールデンビートル賞で主演男優賞と観客賞をダブル受賞したヒューマンドラマ。コチコチの保守派人間である孤独な老人ですが、クスリと笑えるところもあって楽しめる映画です!


[PR]

by mamakoba | 2017-12-14 16:33 | Comments(0)  

友達と忘年会

b0199933_14044317.jpg
b0199933_14090660.jpg

いよいよ今年もあとひと月を切りましたね。新幹線のように1年が過ぎていくようです。高校時代の友人2人が家に来てくれたので、今年の忘年会をしてお喋りを楽しみました。

ランチメニューは里芋とシーチキンのサラダ、白和え、干瓢の海苔巻、秋刀魚の甘酢和え、エビフライ、黒豆のポタージュなどのシニア向けの地味な料理が並んでしまいました!ショートケーキを楽しみにしてくれるので、まあ良しとしました。


あさきゆめみし(源氏物語)大和和紀著 

b0199933_14094570.jpg

先日、弥生美術館の「はいからさんが通る」展に行った時、大和和紀さん作「あさきゆめみし」の素晴らしい原画をみたので、読んでみようと思い立ったのです。多くの女性と浮名を流す、源氏の恋物語。私、今更ながらの源氏物語です。相関図がややこしいのですが、漫画を読んでわかりました!平安貴族の恋はなんて華やかだったのでしょうね。


[PR]

by mamakoba | 2017-12-07 14:16 | Comments(0)