<   2017年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

ハロウィンにカボチャのクッキー

1031日はハロウィンですね。カボチャのペーストを生地に練り込んでパンプキンシードを飾ったクッキー

b0199933_16052333.jpg

1031日の夜は、この世とあの世の境目がなくなり、悪霊や死者の霊たちがあの世からこの世にやってくると信じられていて、人々はそれぞれ仮装して悪霊たちの目をくらまし、自分に乗り移らないようにしたとか。


ちっちゃい黒猫のマントを作りました。(スタイは既製品)

b0199933_16064441.jpg
b0199933_16065940.jpg

日本でハロウィンがこんなに盛んになったのは最近ですねぇ。知人の話で、玄関のピンポンが鳴ったので見たら、ハロウィンの衣装を着た子供が
3人覗いていたので驚いたそうです。「お菓子を用意しておかないと困るわね」と笑いました。


忘れられた巨人 カズオ・イシグロ著 (土屋政雄訳)

b0199933_16173558.jpg


5世紀ころ、アーサー王が姿を消した後のブリテン島が舞台になっている。この大地には竜の吐息のために奇妙な霧に覆われて過去の記憶を失ってしまうという現象があり、悪鬼、妖精、竜なども徘徊するような不思議な世界なのです。ブリトン人の老夫婦が息子の住む村を探す旅に出る。そこにはかつての敵であった、サクソン人の戦士や少年との出会いがあり、一緒に荒れ野を旅するが次から次へと試練に襲われる。忘れてしまった記憶が戻る恐怖を抱えながらも記憶を取り戻そうと、夫婦はその霧を出している竜を退治するために奔走する。夫婦の息子は探せたのか、記憶が戻って昔のことを思い出すことが幸せだったのか...忘れてしまうことが幸せなのか...民族間の対立は!とファンタジー作品の要素を用いて現代の私達に問いかけられているようです。二人の結末がどうなるのか謎と余韻が残ります。
ノーベル賞作家カズオ・イシグロさんの作品です。

[PR]

by mamakoba | 2017-10-26 16:29 | Comments(0)  

甘酒を入れて作った丸パン

b0199933_16551767.jpg

娘が水の代りに甘酒を入れて、じっくり発酵させたパンを作りました。お米を使っているので、もっちりとした食感で、甘酒の風味が独特の味わいです。

ピエタ 大島真寿美著

舞台はベネチア。45年前にピエタ慈善院に捨てられて、孤児として育ったエミーリアの言葉で語られていく。子供たちに曲を作り、バイオリンを教えていた、司祭でもあった作曲家のヴィヴァルディがウィーンで亡くなったところから物語が始まります。ヴィヴァルディにまつわる秘密もエミーリアの人生も淡々と明かされていくのですが、実らない愛や孤独をも運命として受け入れる強さと優しさ、女性同士の友情にも心が和みます。ただ、捨て子を入れるために慈善院に備え付けたスカフェータというスポット。エミーリアも言っているように、スカフェータがあることによって、安易に捨てられる子供たちのことはどう考えれば良いのでしょうか...。
[PR]

by mamakoba | 2017-10-19 16:58 | Comments(0)  

甘酒でスムージー

b0199933_16523378.jpg

冷凍にしてあった甘酒と巨峰をミキサーにかけてスムージーにしました。スダチをたっぷりしぼって、和風スムージーです。

米麹で作った甘酒は、麹が活きているので、発酵が進むと酸っぱくなるので、冷凍保存で味の変化を防ぐことが出来て、1ヶ月から半年までの長期保存が可能だそうです。私も作った甘酒を冷凍にしてあります。


[PR]

by mamakoba | 2017-10-19 16:53 | Comments(0)  

レーズンと胡桃入り南瓜のパウンドケーキ

b0199933_16320257.jpg

前に作った時なぜか膨らみが悪くて、どうしてかなぁ!と娘に言ったら、カボチャの水分が多かったのじゃないかと言われたので、今度はレンジで水分をとばしてホクホクのカボチャで再度挑戦。農家からいただいた南瓜がゴロゴロとあるので、まだまだいろいろ作らなくては・・・。前回の失敗ケーキを食べさせた人にごめんなさい。


ビブリア古書堂の事件手帖

b0199933_16375017.jpg

古書に関しては並外れた知識を持っているけど、極度の人見知りである美貌の古本屋店主、栞子(しおりこ)が、客が持ち込む古書にまつわる謎を解いていくというシリーズ本。テレビドラマになった時は観ていないのですが、小説も気軽に読めました。


[PR]

by mamakoba | 2017-10-12 16:40 | Comments(0)  

クルミの飴がけ


b0199933_17334727.jpg


お砂糖と水飴と水を煮詰めた中にレモン汁をたらしてから、オーブンで焼いたクルミを絡めてあります。


横道世之介 吉田修一著

b0199933_17361679.jpg

山手線新大久保駅で泥酔した男性がプラットホームから線路に転落し、その男性を救助しようとして線路に飛び降りた日本人のカメラマンと韓国人留学生が、進入してきた電車にはねられ、3人とも死亡した。というニュースを覚えていますか?その日本人カメラマンをモデルにした小説です。

大学に通うために長崎から上京した世之介はちょっと変わった大学生。ちょっと図々しくて空気を読まない人間だけど、どこか憎めない青年と、出会った友達との1年間の交流。その16年後に電車の線路に落ちた男性を救助しようと線路に飛び込んだ二人の男性が事故に巻き込まれ死亡したと報じられました。ひとりが日本人カメラマンの世之介だったのです。当時の世之介を懐かしく思いだす友達の話に泣けてしまいます。そのカメラマンが世之介のモデルとしてそのまま再現されているわけではないのでしょうが、とっても愛すべき青年なのです。どんなに美談として周りが褒めたたえようが、我が子は帰ってこないのです。親の気持ちで考えても虚しいものですね。

高良健吾と浮世離れしたお嬢さま役が印象的な吉高由里子主演の映画もとても良かったです。


[PR]

by mamakoba | 2017-10-05 17:39 | Comments(0)  

レーズン入りロック・クッキー

b0199933_17300900.jpg

ひとくちサイズの小さなクッキーです




[PR]

by mamakoba | 2017-10-05 17:32 | Comments(0)