無花果のワイン煮とジャム

b0199933_12560408.jpg
b0199933_12521724.jpg

農家からいただいた無花果。今年の暑さで1か月も収穫が早いのです。ワイン煮は冷やして食べると美味しいです。ジャムはスコーンで。 このスコーンはバターではなく生クリームだけで作ってあるので、冷めてもとてもクリーミー!


日輪の遺産 浅田次郎著 

b0199933_12512485.jpg


終戦間近、真柴少佐は、軍のトップからある重大な極秘任務を帯びる。祖国復興のための軍資金を護るために小泉中尉、望月曹長の3人と、勤労動員として森脇高女の2年生。123歳の少女35名と教員1名が集められる。199212月。有馬記念を観戦していた地上げ屋の丹羽は奇妙な老人と知り合う。不思議な縁で老人(真柴)の死ぬ間際に1冊の古い手帳を託された。そこには旧日本軍がマッカーサー将軍と奪い合った財宝が南多摩郡の陸軍火工廠に隠されていることが書き留められていた。同じく老人から秘密を託されたボランティア活動家の海老沢と、真柴の死を知って現れた地元の大地主の金原。何かを知っている様子のその老人とともに財宝の秘密と敗戦後のそれぞれの運命に迫っていくのです。どこまでが事実かと悩んでしまう程のフィクションです。少女たちが無事に任務を終えた後に待っていたこと...など戦争によって運命に翻弄された人たちのことを改めて考えました。


[PR]

by mamakoba | 2018-09-06 12:59 | Comments(0)  

<< ピーナッツバター サラダ蕎麦 >>