はぐら瓜の漬物が出来ました

b0199933_16042109.jpg

今年はこの暑さで、畑の作物が全くダメだと農家の方に聞きましたが、瓜の出来は良くて、たくさんいただきました。瓜は種をとってまず塩漬けにします。とっても重い重石をしますと、2.3日でしんなりして水があがってきます。家の庭から青紫蘇をたくさん採ってきて、青唐辛子か鷹の爪とニンニクの刻んだものを混ぜて少し塩をまぶします。それを瓜の穴に詰めてまた軽めの重しをしておきますと数日すると食べられます。毎年作る美味しい漬物です。


崩れる脳を抱きしめて 知念未希人著

b0199933_16050457.jpg

碓氷蒼馬が研修医として赴任した先は、葉山の岬病院。彼は幼い頃、父親の作った借金と父親が愛人と失踪した後、母と妹の3人家族でお金に苦労したため、医師としての成功とお金に執着を持っている。全病室が個室の富裕層向け療養型病院の3階に弓狩環(ゆがりたまき)という、28歳でグリオブラストーマという最悪の脳腫瘍を患っている女性がいた。実習を終え広島に帰った蒼馬に環が亡くなったとの知らせが入る。前半では死を間近にした女性と本当の愛に気づいた医師の話かと読んでいくと、後半では同じ病院で環と同じような病気を持つ朝霧由という親友もからんだ、複雑なミステリー展開で面白くなってきます。2018年本屋大賞にノミネートされた作品です。


[PR]

by mamakoba | 2018-08-09 16:18 | Comments(0)  

<< チーズフランスパン フルーツのゼリー >>