ピクニックのお弁当

b0199933_16541544.jpg

お弁当に入れた土筆のキンピラ、ウドの天ぷら、菜の花のからし和えが春の味です。

桜の季節を楽しみましたか?森の公園の山桜も枝垂れ桜も綺麗でしたよ。これから八重の里桜。いろいろの桜があるので長く森の散歩を楽しんでいます。


b0199933_16575814.jpg


レクイエム 篠田節子著

6編入った短編集です。「コンクリートの巣」は母親からの虐待を受けながらも、その母を愛し、愛されたくて母親をかばうのです。いじらしく辛い話。表題作の「レクイエム」は、戦争から帰還してから、信仰にのめり込み、親せきとは絶縁状態になっている伯父が、介護士をしている祥子の病院に入院してくることから姪としての付き合いが始まる。そして、自らの南方での戦争体験を話し出すのです。「骨にしないでくれ。骨にしたら何も残らない。こんなおいぼれでも肥やしくらいにはなる。何もきかずこの腕をニューギニアの芋の根元に深く埋めてくれ」と頼まれる。どうしてもそうしたい気持ちがこの話の中にえがかれているのです。信仰にのめり込む気持ちもわかる悲しい話なのです。幻想と現実がおり混じった、奇妙な話に入っていけない作品もありましたが、読んで良かったと思える作品にも出会えました。


[PR]

by mamakoba | 2018-04-05 17:03 | Comments(0)  

<< ヨモギ餅 エプロンドレス >>