美味しそうな映画の話

これは私の観た美味しそうな映画の話です

かもめ食堂(群ようこ原作)
主人公のサチエ(小林聡美)がフィンランドのヘルシンキにオープンした“かもめ食堂”。お客さんはまだゼロだけど、いつかお客が来ることを信じて毎日食器をピカピカに磨いている。そんなある日のこと、ついにお客さんがやってくるのです。
私もかもめ食堂に行ってあの定食が食べたい!と誰もが思いますよ。本当に美味しそうで感動!大好きなお勧め映画です。
小林聡美、片桐はいり、もたいまさこの個性豊かな3人がフィンランドの首都ヘルシンキを舞台に、のんびりゆったりとした交流を繰り広げていく様子を見るだけで幸せな気分になれます。

ホノカアボーイ
ハワイの日系移民の住むホノカアと言う町が舞台。大学を休学して日本からやって来た一人の青年(岡田将生)がひょんな事からこの町の映画館で映写技師として働くことになる。そしてビーさんと言う初老の女性(倍賞千恵子)と出会い、食を通して心を通わせ、風変わりだけど心優しい町の人たちと関わっていくうちに、成長していく姿をゆったりと描いている。ビーさんの作る料理の美味しそうなこと。ロールキャベルとっても食べたい! 

ジュリー&ジュリア
実在の料理研究家ジュリア(メリル・ストリープ)と、ジュリアに憧れる現代のOLジュリー(エイミー・アダムス)。50年の時を隔てた2人の女性の話。
食べることが大好きなパリ在住のアメリカ人ジュリアは、名門料理学校で習得した誰でも簡単に作れる家庭料理の本を出版し、本は大ベストセラーとなる。その50年後のニューヨーク、作家になる夢をあきらめたOLのジュリーは、憧れのジュリアのレシピに挑戦し、それら全てを1年365日で全部制覇してブログに掲載すると言う無謀な計画を思いつく。
ジュリー・パウエルもまた実在の女性で、本作の原作者。食べることが好きで、負けず嫌い、さらに優しい夫という絶対的な味方に支えられた2人の女性の実話を映画化した、それは楽しい映画です。

のんちゃんのり弁
だらしない夫と別れた子持ちの主婦が、弁当店オープンに向けて奮闘する姿を描くコミカルな話。物凄く激しい夫婦喧嘩と美味しそうなのり弁が出てきます。小西真奈美主演

南極料理人
南極観測隊に料理人として参加した、西村淳原作のエッセー「面白南極料理人」を映画化した物語。南極の基地内で単身赴任生活を送る8人の男性たちの喜怒哀楽を、数々の美味しそうな料理とともに見せてくれます。料理人を演じるのは堺雅人。共演の生瀬勝久他実力派俳優たちと面白おかしく展開するユーモラスな映画。

食堂かたつむり
小川糸のベストセラー小説の映画化。主演柴咲コウ
失恋のショックで失声症になってしまった倫子は、自由奔放な母(余貴美子)の暮らす田舎へ戻り、お客は一日一組だけの「食堂かたつむり」を開く。料理を作るうちに徐々に元気を取り戻していく。

幸せのレシピ
この映画はドイツ映画「マーサの幸せレシピ」のリメイク版
ニューヨークの人気レストランの料理長、ケイト(キャサリン・ゼッタ=ジョーンズ)は真面目な完ぺき主義者.ある日突然、事故で姉を失い、姪っ子のポーラ(アビゲイル・ブレスリン)を引き取ることになる。また自分の居場所である厨房に現れた陽気なシェフのニック(アーロン・エッカート)との関わりで、本当の幸せ、生きていくことの楽しさを知って、心を開き変わっていく。
料理は少なかったかな。ニックの作るスパゲティとピザとティラミスくらい。
私は「マーサの幸せレシピ」の方が断然面白かったです。やっぱりオリジナルにはかないません。

マザーウォーター
コーヒーしか出てこない珈琲店のタカコ、ウィスキーしか置いてないバーを営むセツコ(小林聡美)、豆腐だけ売るハツミ(市川実日子)。京都の川沿いの街に暮らす3人の女たちと、関わる人々の様子をえがいている話。多くを語らずともお互いに分かり合える人々。平凡な日常が流れる川のようにゆっくりと過ぎていく中で、やがて今一番大事なこととは...との思いが静かに強く動きはじめて、新しい風が吹き抜けていく。映画『かもめ食堂』をはじめ、『めがね』『プール』。人と場所をテーマに静かに淡々と描いてきた今までの作風どおりの4目。
ピカピカに磨いたガラス窓の向こうの草木や花。手入れの行き届いた古いテーブルなど綺麗に掃除された店内が気持ちよかった。欲を言えば川だけでなく京都らしい街並みや匂うような食の部分が少なくて残念でした。でも風変わりなおばあさん(もたいまさこ)の作る天ぷらは美味しそうでした。着ているジャンパースカートも面白く、タカコさんの可愛いワンピースとセツコさんの白いシャツも必見!ただいま上映中です。

映画大好きです。私のこんな映画情報はほとんど娘からやってきます!DVDでも観てください。
[PR]

by mamakoba | 2010-11-05 11:14 | Comments(0)  

<< スコーン エプロンとアームカバー >>