苺のショートケーキ

b0199933_1531255.jpg

師走に入ってあれもこれもと今年中にやっておくことなど考えていると気ぜわしくなりますね。それでもクリスマスのイルミネーションを観たりすると、時間を作ってゆっくり楽しい日を過ごしましょうと思います。忘年会を兼ねて友人が集まった日に作ったショートケーキです。

美智子さんから届いたクリスマスカード

b0199933_15324890.jpg

一枚一枚手描きの、こんな素敵なカードをクリスマスまでにみんなのところに届けるのです。開いた中もとても素敵ですが、手紙になっているので見せられなくて残念です!
[PR]

# by mamakoba | 2016-12-08 15:34 | Comments(0)  

生姜の砂糖煮とジンジャークッキー

b0199933_1843371.jpg

生姜の薄切りを2回くらい茹でこぼしてから、鍋に溶かしたお砂糖に入れてコトコト煮ます。これを細かくして、シナモンと一緒に焼いたクッキーはスパイシーな味がして紅茶によく合います。
[PR]

# by mamakoba | 2016-12-01 18:05 | Comments(0)  

御朱印

b0199933_1822174.jpg

友人の旦那様の御朱印張を見せていただきました。どれも達筆で感心してしまいます。これからどれだけ増えるのでしょう。御朱印は神仏に参拝した証としていただくもの。神社やお寺への興味も深くなりますね。生活に楽しみが広がって本当に良い趣味だと思いました。
[PR]

# by mamakoba | 2016-12-01 18:02 | Comments(0)  

編みこみの手袋

b0199933_17532988.jpg

友達へのプレゼントの手袋です。同じ編みこみの柄でも色の組み合わせが違うと全く雰囲気が変わります。あり合わせの糸を使うので出来上がりがどんな風になるのか心配ですが、楽しみでもあるんです。今日は雪。11月の雪は東京では54年ぶりだそうですね。寒くなる前に早くこの手袋を渡したいと思っていたら、今日渡すことができました。
[PR]

# by mamakoba | 2016-11-24 17:55 | Comments(0)  

山岸凉子展「光―てらす―」―メタモルフォーゼの世界―

b0199933_17501530.jpg

1969年にデビューし「アラベスク」や「日出処の天子」などの大ヒット作を生み出した、漫画家、山岸凉子さんの展覧会が、東京都文京区の弥生美術館にて開催中です。
1971年にりぼんにて連載が開始された「アラベスク」。子供の頃はバレエ漫画が大好きだった私ですが、この当時私は漫画を読むことがなく、最近やっと読む機会に巡り合いました。「テレプシコーラ ―舞姫―」と共に本格的なバレエ漫画の原画の力強く美しいポーズに魅了されます。
また1980年に連載が始まった代表作「日出処の天子」の主人公、聖徳太子の美しいこと。デビューから「レベーション」まで繊細で美しい原画200点が展示されています(12月25日まで)
[PR]

# by mamakoba | 2016-11-24 17:51 | Comments(0)  

ほうとう

富士山と紅葉を観に河口湖に出かけてきました。名物のほうとうを食べたら、思ったより美味しい...!早速家に帰って再現して、友人を呼んで試食です。

b0199933_17455799.jpg

b0199933_17491251.jpg

河口湖から観た富士山

b0199933_17465234.jpg

b0199933_17472235.jpg

外国人ばかり(アジア系の人が多い)で驚きました。私が海外旅行に来ているようです。富士山の人気は凄いものですね。

河口湖畔の紅葉回廊近くの「一竹美術館」に行きました

b0199933_17482243.jpg

20歳で出会った室町時代の「辻が花染め」に魅せられ、戦争や抑留を乗り越えながら人生を現代の辻が花に捧げた久保田一竹(いっちく)。「一竹辻が花」と名付けられた作品はどれも一目見ただけで美しさと豪華さに圧倒されます。見たこともない美しい着物のアート作品。「富士山」シリーズと呼ばれる四季折々の富士の様子を写し取った一連の絵画のような打ち掛けなど、どれもため息が出て立ち尽くしてしまいます。もう一度ゆっくり観たい...。

美術館正門

b0199933_17504187.jpg

一竹自ら独自の世界観で作り上げた美術館は建物も内装も庭園もすべて独創的です。正門はインドのお城に使われていた扉を何種類か組み合わせて造られているのだそうです。

忍野八海
富士山の伏流水に水源を発する8つの湧水池。全国名水百選に選ばれています。
水の透明度の高さは日本でも有数で、底まで見えそうです。

b0199933_17514898.jpg

池から溢れる水を集めて流れる川辺の景色も美しい

b0199933_17522183.jpg

[PR]

# by mamakoba | 2016-11-17 17:58 | Comments(0)  

アイルランド風アップルケーキ

b0199933_1735835.jpg

アメリカではアップサイドダウン(逆さま)ケーキという名で知られているそうです。
まず型にカラメルを流し、冷やし固めてから、スライスしたリンゴを並べて、その上から生地を流しいれて焼きます。焼きあがったらひっくり返して出来上がりなのでこの名前で呼ばれているのですね。しっとりとして美味しいケーキです。

菊の花
b0199933_1742324.jpg

菊の花も種類が豊富ですね。亡くなった友人のお墓参りに行くので、この時期は菊の花を集めて作りました。もう今年は23回忌です。
[PR]

# by mamakoba | 2016-11-10 17:07 | Comments(0)  

筑波山神社の御座替祭

毎年4月1日と11月1日に行われる「御座替祭」(おざがわりさい)は筑波山神社の中でも重要な神事で、「奉幣祭(ほうべいさい)」「神衣祭(かんみそさい)」「神幸祭(じんこうさい)」の3つのお祭りの総称です。「奉幣祭」は筑波山神社にて、春には豊作を祈る「かがいの舞」、秋には実りに感謝する「浦安の舞」を捧げます。「神衣祭」は神様の衣替え。筑波山の男体山と女体山の各山頂にある本殿の神衣を新しい衣に取り替えます。「神幸祭」は「神衣祭」で取り替えられた神衣を神輿に納め、つくば道の一の鳥居から筑波山神社まで、地域の発展と平穏を祈りながら巡行します。
b0199933_16303890.jpg

b0199933_16311852.jpg

b0199933_163229.jpg

筑波山の麓の北条地区から筑波山神社まで続く参道(日本の道百選に選ばれている)にある一の鳥居から神輿にのせた神衣が出発するところを見学しました。装束に身を包んだ行列が上に上にと登って行く姿はなんとも雅やかな光景です。この参道は急な坂道なので上るのも大変そう!

お茶の接待を受けた古民家の2階は障子がアートで飾られてとても素敵でした。
b0199933_16324180.jpg

[PR]

# by mamakoba | 2016-11-03 16:34 | Comments(0)  

ひたち海浜公園のコキアの紅葉

b0199933_16115338.jpg

b0199933_16122779.jpg

コキアの紅葉を観に行ってきました。真っ赤なコキアがポコポコととっても可愛い!
[PR]

# by mamakoba | 2016-11-03 16:15 | Comments(0)  

毛糸の帽子

b0199933_14464644.jpg

このところ暑かったり、寒かったりと着る物に困りますね。夏物は片づけてしまったし。でも10月ももうすぐ終わり。冬が来る前に...と、毛糸を出してきました。昨年も帽子をいくつか編んだのですが、いつの間にか全部あげてしまったのでまた編んでいます。なるべくあり合わせの毛糸を減らそうと利用するので、途中で糸がなくなって色を変えることもしょっちゅうです。
[PR]

# by mamakoba | 2016-10-27 14:49 | Comments(0)