<   2017年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

サロンエプロン

b0199933_00200854.jpg

ウエストから下の西洋風前かけをサロンエプロンと言います。残り生地を利用して作った3まい。


弥生美術館で「超絶入魂!時代劇画の神 平田弘史に刮目せよ!」を観ました!

b0199933_00215869.jpg

「弓道士魂」「薩摩義士伝」「黒田三十六計」など時代劇画界の第一人者、平田弘史の生誕80年と画業60年を記念した展覧会です。名もなき下級武士を主人公に、理不尽な社会へのやり場のない怒りと悲しみをすごい画力で表現した作品が多く、圧倒されます。熱狂的な男性ファンが多いと思うのですが、こんな企画展はたまらないでしょうね。大友克洋さんの「AKIRA」の題字なども手掛けているそうで、毛筆による書も多く展示されていました。それがあまりに素晴らしくて私は目を奪われてしまいました。

この展覧会は残念ながら26日で終わりました。41日からは「生誕100年長沢 節展 ~デッサンの名手 セツ・モードセミナーのカリスマ校長~」が始まります。41日(土)~625日(日)東京文京区の弥生美術館にて。



[PR]

by mamakoba | 2017-03-30 00:31 | Comments(0)  

シフォンケーキ

b0199933_17534135.jpg

フワフワのシフォンケーキはバターを使わず植物性のオイルを使うのでヘルシーですが、そのままでは物足りないので生クリームやフルーツを添えて食べるのが美味しい!これは紅茶シフォンケーキ。


鹿の王 上橋菜穂子著 (
2015年本屋大賞受賞作)

b0199933_17544122.jpg

架空の世界で流行っている黒狼熱という病をとおして、2人の主人公に様々な登場人物が絡んで物語はすすんでいきます。ファンタジーはあまり入り込めないと言う人もいますが、私は「指輪物語」「ゲド戦記」などのファンタジー小説も大好きです。「鹿の王」はとてもダイナミック、壮大な物語で、読んでいてもワクワクします。今、テレビで放映されている綾瀬はるか主演の「精霊の守り人」も上橋さんの作で楽しみに観ています。上橋菜穂子さんは2014年に小さなノーベル賞と言われる、国際アンデル賞の作家賞を受賞した凄い方ですね。



[PR]

by mamakoba | 2017-03-23 18:11 | Comments(0)  

ケーキドーナッツ

b0199933_16365398.jpg

イーストを使ったパン風ではなくベーキングパウダーを使ったケーキ風のドーナッツ。家で作る揚げたてのドーナッツは油っこくなくてサクサクとしています。子供が小さかった頃よく作ったお菓子です。ホットケーキミックスでも作れます。


甘夏みかんの皮の砂糖煮とマーマレード

b0199933_16390600.jpg
b0199933_16405087.jpg

毎年作る砂糖煮とマーマレード。皮も全部使うので無駄がありません。



[PR]

by mamakoba | 2017-03-16 16:44 | Comments(0)  

塩パン

b0199933_17324800.jpg

もともとはオーストラリア発祥の「ザルツシュタンゲン(Salzstangen)」というパンが日本で塩パンと言う名で今、とても人気。生地を巻くときにバターの塊をいれます。パラパラとかけた岩塩の塩気とパリッとした食感が何とも美味しい!あとを引く味です。

からし菜漬け

b0199933_17373889.jpg

今年も知り合いの農家から声をかけていただいて、畑からからし菜を収穫して漬けました。一度塩をかけてまな板でゴロゴロもみます。それを洗ってから、また少しの塩で二度漬けすると綺麗な緑色に漬かります。細かく切って御飯にかけて食べるのが私は好きです。
[PR]

by mamakoba | 2017-03-09 17:38 | Comments(0)  

ドーナッツ

b0199933_17085587.jpg

パン生地でドーナッツ作り。シナモンシュガーをまぶしたり、チョコレートをのせたり、粉糖をかけたり変化をつけると楽しいおやつになります。


エプロン

b0199933_16540478.jpg

気に入った縞柄の生地を見つけたので簡単なエプロンを作りました。エプロンも着る服に合わせるだけで気分も変わります。


[PR]

by mamakoba | 2017-03-02 17:11 | Comments(0)