<   2015年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

珈琲豆の麻袋でトートバッグ

オカリナを吹いている義妹が譜面台を持ち運びするために入れる袋です。バイリーンを裏打ちしてミシンでキルティングしてあります。

b0199933_115683.jpg

ハワイのKONA珈琲豆の麻袋で作ったトートバッグ。柄がオシャレですね!これも義妹のです。

b0199933_11521822.jpg

b0199933_1153625.jpg



今週もお弁当作りました
b0199933_11553110.jpg

[PR]

by mamakoba | 2015-10-29 11:57 | Comments(0)  

立山黒部アルペンルートの旅

先週は立山黒部アルペンルートの旅に行ってきました。新幹線で長野へ。扇沢からトロリーバスで黒部ダム。紅葉の景色を観ながらケーブルカー、ロープウェイ、またトロリーバスと乗り継いで2450mの立山室堂まで連れて行ってくれるのです。そこはもう雪が積もっていました!
1930mの弥陀ヶ原に下って一日目は終わり。2日目は弥陀ヶ原を散策して、高原バスで美女平まで。ここからケーブルカーで立山駅。称名滝探勝バスに乗り、下りてから30分ほど歩いて日本一の落差350mの称名滝を見学。その後は立山駅から富山地鉄、特急アルペン1号に1時間半ほど乗って宇奈月温泉へ。3日目は宇奈月駅からトロッコ電車で欅平まで1時間半。渓谷の景色がとても綺麗!でも風をきって走るので寒かった!帰りも同じ電車で宇奈月駅まで戻り、黒部宇奈月駅から夕方の新幹線で東京へ帰って来ました。いろいろな乗り物を乗り継いで景色を満喫した旅でしたが、これはツアーでなくては行けない旅だと思いました。美しい紅葉や山々の雪景色も観られて面白かったです!
紅葉の山々
b0199933_17483029.jpg

日本の紅葉は外国と比べて樹木の種類が多く、赤と黄色とオレンジなど色彩が豊富。世界一美しいと言われるわけですね。
地球の氷河期にヨーロッパや北米では落葉広葉樹が死滅したけど、日本列島には黒潮が流れているので暖かい海と山々が広葉樹を守ってくれたので生き残れたとテレビで観たことがあります。日本の地形が起こした奇跡です!
黒部湖
b0199933_17492942.jpg

黒部ダムの放水
b0199933_1749533.jpg

称名滝 落差350mは日本一
b0199933_1750478.jpg

黒部峡谷をはしるトロッコ電車
b0199933_17522619.jpg

トロッコ電車は元々は電力開発のための資材や作業員を運ぶために作られたものですが、地元の人や観光客などから要望があり、最初のうちは列車が事故にあっても保障しないという条件つきで乗せていたそうですが、昭和28年からは一般の人も普通に乗れるようになったそうです。
宇奈月ダム
b0199933_17531935.jpg

宇奈月ダム湖の湖岸に建つ「新柳原発電所」まるでヨーロッパの古城のようで美しい!
b0199933_17534881.jpg

ここは雪が深いので11月の終わりからこのトロッコ電車は冬期休眠に入ります。冬期、トロッコ電車のメンテナンスのため、作業する人たちが何時間もかけてこの写真の冬季歩道を歩いてくるのです。ところどころに四角い穴が開いていました。空気穴だそうです。
b0199933_17541058.jpg

今日はお弁当をもって出かけました。秋刀魚を圧力なべで骨まで柔らかく煮たものと、サツマイモのコロッケなどです。
b0199933_17544271.jpg

[PR]

by mamakoba | 2015-10-22 17:55 | Comments(0)  

新生姜の保存

農家の畑から掘りたての新生姜を分けていただきましたので、梅酢に漬けた紅ショウガ、生姜の蜂蜜煮、生姜のシロップ、生姜の佃煮などを作って保存しました。

b0199933_21412852.jpg

b0199933_21452134.jpg

今週観たDVD
繕い裁つ人 2015年1月公開 (中谷美紀 三浦貴大)
祖母の開いた洋裁店。その人だけの服、一生添い遂げられる服を作り続けた祖母の意志を受け継いだ店主の市江。彼女の服に惚れ込んだ百貨店企画部の藤井との関わりなど、クラシックなミシンを踏む音とともに静かに優しく流れる時間の心地よさ。丁寧に仕立てた服を直しながら何年でも大事に着続けるという、洋服への奥深い思いがたくさん詰まった映画です。私も服を仕立ててきたので、「そうそう...」と主人公に気持ちを重ねるところがあって大事に着てくれている人たちを思いました。
素敵な洋館、おしゃれな喫茶店や雑貨店など神戸の街が舞台です。喫茶店で真っ白いホールのチーズケーキを食べるシーンが何度も出てきます。それも一人で全部!絶対に食べたくなります。
[PR]

by mamakoba | 2015-10-15 21:47 | Comments(0)  

畑のカボチャ

知り合いの農家ではもう終わりのカボチャ畑の整理中。小さいカボチャがたくさん転がっています。もったいないのでいただいてきました。蒸してマッシュしてカボチャのケーキやポタージュ用に小分けして冷凍すれば、すぐ作れるのでとても重宝します。

b0199933_172838100.jpg

[PR]

by mamakoba | 2015-10-08 17:29 | Comments(0)  

 柴又帝釈天(題経寺)

b0199933_17145764.jpg

b0199933_1716599.jpg

寅さんで有名になった柴又散策に行ってきました。京成柴又駅前に寅さんの像に迎えられ、駅からすぐに参道が伸びて、両側には名物の草だんごや塩せんべいや漬物、老舗の川魚料理店など数十件のお店が軒を連ねています。その参道の突き当りに二天門が建ち、表面に帝釈堂(題経寺)。右に祖師堂(旧本堂)、その右手前に釈迦堂(開山堂)、本堂裏手には大客殿が建っています。二天門や帝釈天は日光東照宮のように彩色を施してないので一見地味ですが、細部には精巧な装飾彫刻が施されています。

帝釈堂内殿の外側全面に浮彫の装飾彫刻が施されて見事です。(「彫刻ぎゃらりー」として一般公開)

b0199933_17204612.jpg

昭和10年に完成した大客殿は建坪150坪の総桧の入母屋造り瓦葺。床の間には日本一を誇る南天の床柱も観られます。(直径30センチ、滋賀県の伊吹山にあった樹齢約1,500年の南天の自然木を使用したもの)

b0199933_1718175.jpg

寛永年間(1629年)の開山とされますが、今の建物の大部分は明治以降の建築だそうです。邃渓園(すいけいえん)という大客殿前に広がる池泉式庭園への立ち入りは禁止されていますが、周囲をぐるりと巡る屋根付きの廊下からみることができます。
寅さんの映画で観た帝釈天はいつも庭を掃いているイメージでしたが、実際に観て立派な建物、彫刻、庭園に驚きました。参道も下町情緒がいっぱい残っていて面白いですよ!
[PR]

by mamakoba | 2015-10-08 17:26 | Comments(0)  

紫蘇の実の塩漬け

b0199933_1773525.jpg

b0199933_1775932.jpg

作り方
①紫蘇の実は花穂に白い花が少し残っているくらいで収穫します(それより遅れると実が硬くなってしまいます)。それを指で滑らせるようにして実をとります。ここで実の重さをはかっておきます。
②実をきれいに洗ってゴミを取り除きます
③鍋に少量の塩を入れたお湯を沸かして、実をさっと茹でます(茹でることによって、綺麗な緑色を保つことが出来ます)。火を通した紫蘇の実を1時間くらい水に晒して灰汁を抜きます
④ザルにあげ水を切ったら、ペーパータオルなどでしっかり水気を切ります
⑥紫蘇の実の重量の10%の塩をまぶして、瓶に詰めて冷蔵庫か冷凍庫で保存します

庭の紫蘇が花穂をつけていますが、時期を逃すと大変!と、この季節はいつも気をつけています。

今週観たDVD
ワンチャンス 2013年 イギリス・アメリカ映画 
主演ジェームズ・コーデン(歌唱シーンの吹き替えはポール・ポッツ本人)
容姿もさえず、子供の頃からいじめられっこで、引っ込み思案。何をやってもうまくいかない彼の夢はオペラ歌手になること。挫折を繰り返し自信をなくしながらも最後の挑戦にイギリスのオーディション番組に出る。地味な身なりで容姿もパッとしないポールに会場の観客や審査員からも失笑がもれるが...歌いだした彼に皆唖然とさせられる。
優勝をきっかけに携帯電話の販売員から一夜にして世界的なオペラ歌手となったポール・ポッツのサクセスストーリー。「誰も寝てはならぬ」などの名曲の数々はポール本人の吹き替えです。
スーザン・ボイルも同じイギリスの人気オーディション番組「ブリテンズ・ゴット・タレント」に出場して観客、審査員を総立ちにして驚かしましたね!
[PR]

by mamakoba | 2015-10-01 17:12 | Comments(0)