<   2015年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

くずもち

亀戸船橋屋のくずもちは子供のころから慣れ親しんだ味でとても懐かしい思い出です。美味しい船橋屋のくずもちは特別な製法があるのでしょうね。
私は家にあった吉野葛でくずもちを作りました。暑い季節には冷たくて、つるっと口に入るこんな和菓子が美味しいなーと思います。

b0199933_151192.jpg

夏の森の公園は蝉の大合唱です

b0199933_1514395.jpg

b0199933_1522011.jpg

家で静かに本を読んでいるときは蝉の声が気になることがあるのですが、森の公園の中では様々な蝉の大合唱が心地よく聴こえます!
[PR]

by mamakoba | 2015-08-27 15:03 | Comments(0)  

竹林はるか遠く 続・竹林はるか遠く

b0199933_1454485.jpg

b0199933_14551727.jpg

日系米国人作家のヨーコ・カワシマ・ワトキンズによる自伝的小説。1986年 (昭和61年) にアメリカで出版され、戦争の悲惨さを訴える資料として、アメリカでは優良図書に選ばれ中学校用の教材として多くの学校で使用されています。
1945年、朝鮮北部(羅南)に住んでいた、作者の擁子が11歳の時、母、16歳の姉の好の3人と後から追う兄が第二次世界大戦の終戦時に朝鮮半島北部の羅南から京城、釜山を経て日本へ帰国する際の、決死の引き揚げ体験とその後の日本での戦後体験を語った物語です。
ソ連軍が近くに迫っているので、不在だった父と兄の安否を気遣いながらも書置きを残して、擁子、好、母の三人は最低限の荷物と財産を持って脱出する。なんとか生きて日本に帰り、唯一、空襲を受けずに済んだ京都へ行くが、家もなく京都駅で寝泊まりする生活のなか、母は隠し持ってきたお金で二人を学校に入れる。期待していた青森に住む父方と母方の両方の祖父母は空襲で死亡したことが分かり、確認に出向いた母は京都駅に帰ってすぐに病死をしてしまう。
孤児となった擁子(ようこ)と好は、駅で野宿して残飯をあさりながら必死で生き延びる。 母の願いである学校にだけはなんとか通い続けるが、そこでは貧しい擁子に心無い言葉を浴びせる裕福な子供達が待ち受けていた。終戦直後の混乱の中、こんな苛めがあったことに驚かされますが、やさしい人にも巡り合って助けられるのです。
これは、戦争に巻き込まれながらも、貧困、虐待、差別など想像を超えるさまざまな苦難に打ち勝ち、時には人の優しさに助けられながら、ひたむきに力強く生き抜いた兄妹の家族の絆を描いた愛と感動の物語です。私は姉の好の知恵とたくましさにはとくに感動しました。
機会があったら是非読んでほしい本です。
[PR]

by mamakoba | 2015-08-27 14:58 | Comments(0)  

ちりめん山椒

「京都の錦市場にいるけど、お土産何が良い?」と娘から電話。急だったので浮かんだのがちりめん雑魚!でした。山椒の実も買ってきてくれたのでちりめん山椒を作りました。京都の佃煮はとても美味しいですよね。でも自分で作っても好みの味になるので良いものですよ。ご飯のおかずに大好きです。

b0199933_17335748.jpg

ちりめん山椒
材料
ちりめんじゃこ       100g
山椒の実(茹でたもの)   大2~3
酒             150ml
みりん           50ml
醤油            大2
水             適量
作り方
①ちりめんじゃこは水でさっと洗い、水を切る
②鍋に酒、みりん、醤油を入れて火にかけ、じゃこを入れて弱火で15分位煮る煮汁が少なくなったら水を入れて焦がさないように調節する
③煮汁が半分くらいになったら山椒の実を入れて5分位煮る
④煮汁を回しかけながら煮汁がなくなるまで煮る
⑤バットに広げて水分をとばして出来上がり

*生の山椒の実があった時には、茹でて灰汁ぬきをして冷凍しておきます。
実を枝からはずして綺麗に洗い、たっぷりの湯で実山椒を指の腹でつぶれるくらいのかたさになるまで7~8分茹でる。何度か水を変えて1時間くらい水にさらしたらザルにあげて水気を切り、さらによく拭いてから保存袋に入れて冷凍しておく。

ブラックベリーのシロップ

b0199933_17481653.jpg

ブラックベリーのシロップが今年もできました。ベリーの実と同量のグラニュー糖を混ぜて時々静かにかき混ぜ、しばらく置いてから漉すと、こんなに赤くて綺麗なシロップになります。保存するときは火にかけて沸騰寸前で止めます。これをしないとどんどん発酵してしまうので。常温で保存できます。氷と炭酸水で割ったジュースは我が家のお客様にとても好評です!
[PR]

by mamakoba | 2015-08-20 17:52 | Comments(0)  

メープルと胡桃のパン

b0199933_15564530.jpg

材料
強力粉      200g      
無塩バター    20g      
塩        3.5g      
砂糖       20g      
牛乳       150ml      
ドライイースト  3.5g      
メープル味のジャムタブレット    1袋(50g)
胡桃50g
作り方
① 生地をこねる*牛乳は室温に温める
         *バターも室温にして、生地をある程度こねてから投入する 
② 生地を1次発酵させたら、ガス抜きをして丸め、濡れ布巾をかけて15分位ベンチタイム
③生地を綿棒で30㎝角にのばしたら、タブレットと刻んだ胡桃を散らして手前からくるくると巻き、巻き終わりを指でつまんで閉じる
④6等分に切って、3個ずつ容器に入れ、霧を吹き2次発酵させる
⑤ 200℃のオーブンで15分ほど焼く

メープル味のジャムタブレット

b0199933_15572732.jpg

ホームメード材料のコーナーにはいろいろ便利なものがあるのですね。このジャムタブレットも初めて知りました。生地に混ぜて焼くとトロリと溶けるんですよ。これも娘に教えてもらったパンです。

ツクツクボウシ
このところ少し暑さが和らいだと思ったら、2.3日前からみんみん蝉やあぶら蝉に混じってツクツクボウシの鳴き声が聴こえてきました。この声を聴くと暑さも一段落?少しずつ秋に向かって行くのでしょうか…
[PR]

by mamakoba | 2015-08-13 16:03 | Comments(0)  

瓜の漬物

今、庭には青紫蘇と茗荷がたくさん出ています。漬かりすぎた瓜を細かく刻んだら塩気をぎゅっと絞って、青紫蘇と茗荷をたくさん入れて、トウガラシとニンニク、生姜も刻んで和えると美味しい漬物が出来ました。ご飯にパラパラとかけて食べると美味しいですよ。キュウリでも良いですね。

b0199933_15464914.jpg

カラスウリの花
b0199933_15475167.jpg

カラスウリはこんなに綺麗な花を咲かせるのに、夜咲いて朝しぼんでしまうのでなかなかゆっくりと鑑賞できません。夜、真っ暗になる前に庭に出て観ています。本当にレースのようです!数年前に友人から分けてもらって植えたのですが、華奢な花を咲かせるとは思えないほど、あまりに勢いが強いので他の木に絡まって征服されそうです。でもこの綺麗な花を見せてくれるなら…と場所を提供しています。
[PR]

by mamakoba | 2015-08-13 15:53 | Comments(0)  

ジャガイモとベーコンのジェノベーゼパン(6個分)

b0199933_163168.jpg

強力粉      200g      じゃが芋    2個
無塩バター    20g       ジェノベーゼ  適量
塩         3.5g       ベーコン    適量
砂糖       20g       マヨネーズ  
牛乳       150ml      
ドライイースト  3.5g      

作り方
①ジャガイモをレンジで柔らかくして、皮を剥いたら1㎝角に切りジェノベーゼで和える
②生地をこねる 
*牛乳は室温に温める
   *バターも室温にして、生地をある程度こねてから投入する 
③生地を1次発酵させたら、ガス抜きをして6等分に切り分けて丸め、濡れ布巾をかけて15分位ベンチタイム
③ガス抜きをして生地を綿棒で直径12㎝に丸くのばして、真ん中にジャガイモとベーコンを置いて、包みながら生地を閉じる。綴じ目を下にして霧を吹き2次発酵させる
④発酵が終わったら、中心を鋏で十字に切って上からマヨネーズをかける
⑤200℃のオーブンで15分ほど焼く

b0199933_1654520.jpg

バジルはバッタも大好きとみえて、気が付くと葉っぱが穴だらけ!全部食べられちゃう前に葉を収穫してジェノベーゼを作ります。
ジェノベーゼで和えたジャガイモと自家製ベーコン入りです

ジェノベーゼ(バジルペースト)の作り方
材料
バジル(生)       5~6枝(30g)
大蒜          1/2かけ
松の実         大1/2(乾煎りする)
黒胡椒         少々
パルメザンチーズ   大2~2と1/2
オリーブ油       大3
塩           小1/2
*全部をフードプロセッサーにかけ、瓶に詰めて表面にオリーブ油をたらしておきます(変色をふせぐため)

映画 「アリスのままで」 ジュリアン・ムーア主演(87回アカデミー賞主演女優賞受賞)
現在上映中
若年性アルツハイマーの女性が記憶を失っていく日々をつづった全米ベストセラー小説「静かなるアリス」の映画化。
大学で教鞭をとる50歳の言語学者のアリスは、講義中に言葉が思い出せなくなったり、ジョギング中に自宅までの道がわからなくなるということが続き、やがてアルツハイマー病と診断される。自分が壊れていくのがわかることはどんなに恐怖で辛いことでしょう。
記憶が薄れる前に、パソコンに自らのビデオメッセージを残したり、学会でスピーチするアリスに涙します。
優しい家族に囲まれているのですが、どんどん壊れていくアリスとは対照的に自分の人生を優先して前に進もうとする夫もいる。病気とはなんと残酷なもの。他人事ではないと思わされます。記憶が薄れていく恐怖と闘うジュリアン・ムーアの演技が凄い!
[PR]

by mamakoba | 2015-08-06 16:11 | Comments(0)