<   2015年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

煎り酒

室町時代から作られた調味料でいまは表舞台から姿を消してしまった「煎り酒」という調味料が見直されているとの情報を得て作ってみました。

b0199933_16355542.jpg

作り方は昆布を浸けておいた純米酒に梅干しと鰹節を入れ、コトコトと弱火で半量くらいになるまで煮詰めたら塩加減をして、冷めたら晒し木綿でこして出来上がり。出汁の旨み、梅干しの酸味、適度の塩分で醤油よりあっさりとした淡白な味わいです。醤油が手に入りにくかった江戸時代には各家庭で作っていたようです。今は日本料理店や料亭などで白身魚を食べる時によく使われているとのことです。作ってみて思ったのですが、お酒を煮詰めて作るため少量になっちゃうのですごく不経済!お醤油があってよかったですねぇ。
この煎り酒はお豆腐にかけても、きゅりの和え物には酸っぱすぎずやわらかい味で美味しいですよ。

つくばの藤沢バラ園

b0199933_16403066.jpg

b0199933_16405819.jpg

今年は5月が異常な暑さで、バラもびっくりして早く咲いてしまいましたね。何とか間に合ったようで、満開のばらを観てきました。でもバラは開きかけが美しいのに...ちょっと残念です。
[PR]

by mamakoba | 2015-05-28 16:47 | Comments(0)  

珈琲味の和風スイーツ

美味しいコーヒーをいただいたので、それを飲みながら、珈琲ゼリーを作ろうかしら!と考えていたら、こんなスイーツを見つけました。珈琲のコクと苦さに和風の独特の甘さが調和して良い味です!インスタントコーヒーでは出ない味ですね。

b0199933_1338331.jpg

白玉10個分(二人分位)
濃い珈琲液を180ml作り、その一部で白玉粉50gを練って珈琲団子を作ります。(豆腐を少し混ぜると時間が経っても団子が硬くなりにくいです)茹でたら、氷水にとって冷やします。次に珈琲あんを作ります。グラニュー糖35gに水を入れて火にかけて溶かしたら、残りの珈琲液に少量の醤油とみりんを混ぜて入れます。片栗粉でとろみをつけたら火を止めて、冷蔵庫で冷やします。
団子に珈琲あんをかけて、私はクルミやドライフルーツをトッピングしました。
[PR]

by mamakoba | 2015-05-21 13:39 | Comments(0)  

洗濯ばさみで猫のぬいぐるみ

一緒に作りましょう!と友達が見せてくれた写真は猫のぬいぐるみ?なんと中に洗濯ばさみが入っているんですって。写真を見ながらこんなふうかしら...あんなふうかしら...と型紙を作って作りました。それを元にして作り直したのがこの猫です。カーテンに止めておいたら面白いでしょ。洗濯バサミを入れようなんて面白いアイディアですね。

b0199933_1334257.jpg

b0199933_13345039.jpg

[PR]

by mamakoba | 2015-05-21 13:35 | Comments(0)  

オレンジピールの食パン

b0199933_1533851.jpg

毎年送っていただく国産の美味しいオレンジは皮まで安心なので捨てるところがありません。今年もマーマレードと皮の砂糖煮を作りました。パン焼き器で食パンを作る時にこのオレンジピールを入れます。出来立てのパンは皮がパリッとして中からファーとオレンジの香りがします。パン焼き器はセットするだけでおまかせなので簡単。たくさんのオレンジピールを保存してあります。

b0199933_1538228.jpg

b0199933_15355275.jpg


散歩をして見つけた蕨

b0199933_15394063.jpg

ゴールデンウィークの頃、田んぼに水が入り田植えが始まります。お米農家の方は忙しそうに働いています。

b0199933_1540281.jpg

[PR]

by mamakoba | 2015-05-14 15:42 | Comments(0)  

大洗海岸から涸沼までドライブ

大洗海岸サンビーチ
ゴールデンウィークなので大勢の家族連れが潮干狩りを楽しんでいました。

b0199933_15343486.jpg

小さいけどハマグリです

b0199933_15393352.jpg


涸沼

b0199933_15423695.jpg

b0199933_15462327.jpg

茨城県東部、水戸と大洗の南に位置し、面積は山中湖の約1.5倍の大きさ。太平洋と繋がっている関東唯一の汽水湖です。シジミの漁場があり、水鳥であるススガモが定期的に多く飛来し、絶滅の恐れのあるヒヌマイトトンボなど希少動植物の生息場所にもなっています。この涸沼がラムサール条約に推薦され、今年の6月に登録が決まる見通し。とのニュースを聞きました。「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」として、1971年にイランの都市ラムサールで開かれた国際会議で採択された条約で、2013年10月現在、日本では釧路湿原等46カ所が登録されています。
[PR]

by mamakoba | 2015-05-07 15:48 | Comments(0)  

牛久シャトー レストランキャノン

1903年に創業者の神谷傳兵衛により開設された、日本初の本格的ワイン醸造場である牛久シャトー(シャトーカミヤ)の「事務室」(現本館)「醗酵室」(現神谷傳兵衛記念館)「貯蔵庫」(現レストラン キャノン)の煉瓦造の各建物は2008年に国の重要文化財に指定されましたが、2011年の東日本大震災により、著しい被害に見舞われました。現在本館はまだ修復工事が終わっていないので観ることはできませんが、他は耐震補強工事も終了して「レストラン キャノン」もやっと営業再開されました。私たちも連休に予約をとって食事をしてきました。ワイン貯蔵庫を改装した店内は煉瓦の壁で天井が高く開放的で、上品で味わい深いフレンチレストランです。お庭も広くて素晴らしいのでゆっくり散策するのもお勧めです!

b0199933_15265299.jpg

b0199933_15535628.jpg

b0199933_15541180.jpg

b0199933_15542650.jpg

b0199933_15544255.jpg

[PR]

by mamakoba | 2015-05-07 15:31 | Comments(0)