<   2015年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

桜ご飯

八重桜の花を塩漬けにしてから、梅白酢につけるとこんなにきれいな色に!「採っても良いよ!」と言ってもらえて、今年も桜の花を漬けることが出来ました。刻んでご飯に混ぜたら綺麗でしょ!この香りを皆さんに届けたいです。

b0199933_17421765.jpg

森のトウカエデ

b0199933_17423623.jpg

[PR]

by mamakoba | 2015-04-30 17:43 | Comments(0)  

ウコギ(五加木)の香り飯

新芽の柔らかいところを茹でてご飯に混ぜます。山形県の米沢では茎に棘をもつことから、戦国時代の城下町では生垣として、また旬の野菜として食するために盛んに植えられたそうです。藩九代藩主.上杉鷹山公がウコギの垣根を奨励したと言われています。私もこの新芽を食べたいと思って植えているのですが、旺盛でどんどん伸びるので毎年小さく小さく刈り込んでいます。

b0199933_17364894.jpg

友人の作品です
この額は美智子さんからのプレゼント。書体はゴシサイズドイタリック体だそうです。

b0199933_17371723.jpg

「私たちが前へ進むときに持っていけるものは愛だけです。
そして愛は終わりをとても容易なものにしてくれるのです」       
若草物語の作者「ルイザ・メイ・オルコット」の言葉
[PR]

by mamakoba | 2015-04-30 17:40 | Comments(0)  

筍のおすし

今年も筍が出たからいらっしゃい!と呼んでいただいたので掘ってきました。余ったのは毎年瓶詰に。そして今年もやっぱり一度は筍のお寿司を作ります。筍のために鉢植えで育てている山椒の木の芽をのせると春の香りです。

b0199933_16114847.jpg

[PR]

by mamakoba | 2015-04-23 16:12 | Comments(0)  

芹の天ぷら

芹もこの季節、気にしていないと取り損なってしまってがっかりします。田植えまえの水田で長靴を履いて摘みます。独特な香りのする芹は天ぷらにして、あとは胡麻和えにします。

b0199933_1653342.jpg

[PR]

by mamakoba | 2015-04-23 16:06 | Comments(0)  

生トマト入りのパン

フランス人の作るパン屋さんがあると聞いて、初めて買って食べたのですが、開いたらなんと生のトマトが入っていて驚きました!生のトマトを入れて作るとどうなるの?と私もベーコンとチーズとトマトを入れて作ってみましたが、生のトマトは別に食べたいかなぁ...

b0199933_16584521.jpg

友人の旦那様。肇さんの作品2です

1年ぶりに訪ねた肇さん。昨年は病後でしたがすっかりお元気になって、ますます趣味の作品作りに励んでいらっしゃいました。新聞広告や雑誌のカラーページを集めておいて、スケッチした下書きに貼って作品に仕上げるのです。今回は光る素材で幻想的!

b0199933_1734790.jpg

b0199933_174386.jpg

魚のモチーフが好きな肇さんは、下書きもなく鋏を動かして切っていきます。頭の中に形が浮かんで手が動くのだそう。

b0199933_1764994.jpg

b0199933_1772269.jpg

いつもいつもこれで何が出来るかと考えるのが楽しいそうです。面倒見の良い奥さんに恵まれて制作に没頭出来るなんて、とても幸せですね。
[PR]

by mamakoba | 2015-04-16 17:24 | Comments(0)  

ヨモギ団子

散歩する道ばたでヨモギを摘んできました。この季節には一度はヨモギ入りのお餅をついて友人に送ったりヨモギ団子を作って食べます。

b0199933_15264095.jpg

白花タンポポ

b0199933_15271367.jpg

白花タンポポは年々減ってきているのですが、今年もやっと2箇所で見つけました。この綿毛が飛んで来年も咲いてくれることを願っています。

日本列島桜の花でいっぱい!綺麗ですね。近くの自然の森も様々な桜が咲いています
色とりどりの山桜

b0199933_1528415.jpg

紅枝垂れ桜

b0199933_15282387.jpg

八重の一葉の花

b0199933_15293754.jpg

[PR]

by mamakoba | 2015-04-09 15:39 | Comments(0)  

ハイジの白パン

b0199933_17215758.jpg

このやわらかい白パンが好きで、もう何回もブログに登場させてしまいますが、岩波少年文庫の「ハイジ」の物語にこの白パンの話があります。ハイジがクララと暮らしたフランクフルトの家からアルプスの山に帰るとき、ペーターのおばあさんへのお土産に持ち帰った丸い白パン。毎日固い黒パンを食べている、目の見えないおばあさんに食べさせたいとの一心で、クララの家で毎日の食事にでるパンを食べずに、タンスにためていたハイジ。それは見つかって捨てられてしまったけれど、ハイジのためにクララが用意してくれたものです。これはオレンジピールとクルミを入れて焼いてあります。

b0199933_17223737.jpg

先週頭を出していた土筆が伸びていたので、摘んできました。袴を取るのはちょっと面倒ですが、酢を入れて茹でるとこんなにきれい。このまま和え物にしても、きんぴらにしても...ほろ苦い春の味がします。
[PR]

by mamakoba | 2015-04-02 17:26 | Comments(0)