<   2013年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

栗とアーモンドクリームのパン

また娘に新しいパンを習って作りました。栗の渋皮煮がたくさんあるので...アーモンドクリームと栗を巻き込んだフワフワのパンです

b0199933_16385863.jpg

森の小径

b0199933_16394229.jpg

森の中は落ち葉でいっぱい。もう冬ですね...子供の頃にこんな森が近くにあったら赤毛のアンの気分で遊んだのではないかなぁ...と思います。いまでもここを歩くとワクワクします。
[PR]

by mamakoba | 2013-11-28 16:48 | Comments(0)  

和風ロールケーキ

b0199933_16352258.jpg

米粉ときな粉の生地に、お豆腐と黒糖入りの生クリームを巻いてあります。ほんとに和風味のロールケーキ。またまたいくつでも食べちゃいそう!娘がお土産に作ってきてくれたものです。
[PR]

by mamakoba | 2013-11-28 16:37 | Comments(0)  

卵の味噌漬け

今年もお味噌が出来上がりました。ガーゼを敷いて丸くあけた穴に卵の黄身をポトンと落として2日位漬けるだけですが、濃厚な味になって新米のご飯にのせるとなんとも美味!

b0199933_17175546.jpg

b0199933_17182513.jpg

久しぶりにお弁当を作って出かけました

b0199933_17185095.jpg

[PR]

by mamakoba | 2013-11-21 17:20 | Comments(0)  

美智子さん作のウェルカムボード

b0199933_17122716.jpg

姪御さんの結婚式のためにカリグラフィーで仕上げたウエルカムボードです。
何でもやり始めたらキチッと最後までやり遂げるので、こんな素敵な大作が出来上がるのですね。
花嫁さんも素晴らしいプレゼントに感激したことでしょう!
カリグラフィーとは西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法...だそうで、筆まめな彼女にぴったりの趣味です。
[PR]

by mamakoba | 2013-11-21 17:13 | Comments(0)  

鉤針編みのベレー帽

数年前に編んだ、暮らしの手帖に載っていたベレー帽です。今年の冬はこの帽子をすっぽり被り、マスクをして散歩に出ようかなーと考えています。

b0199933_1733818.jpg


今年も友人のお墓参りに菊の花束を作りました。菊もいろいろ集まると綺麗ですね!

b0199933_1741256.jpg

[PR]

by mamakoba | 2013-11-14 17:07 | Comments(0)  

友達の手作り作品です

昌子さんの鈎針編み
b0199933_16564491.jpg

鈎針編みが得意ではない私と違ってとっても上手な昌子さんの作品。人形や動物の他、今回お部屋を訪ねたら、こんなコサージュがたくさん...素敵ですね!

明子さんの刺し子
b0199933_16571770.jpg

この刺し子は私の義妹の作品です。凝り性な彼女はいろいろな柄を刺しています。プレゼントしてくれると言ってくれたので、たくさんの中から迷ってこの可愛い野菜の柄を選びました。
[PR]

by mamakoba | 2013-11-14 17:00 | Comments(0)  

タバスコ風ペッパーソース

庭で収穫した唐辛子で自家製のペッパーソースを作ります。
生の赤唐辛子の種を取って、荒微塵に切ったらミルで攪拌します。少しの塩と同量くらいの酢を入れてさらに攪拌します。材料はこれだけ!
トロトロになったらしばらく寝かせて置いて出来上がり。パスタやピザに少しかけただけで味がしまってとても美味しくなりますよね。絶対欠かせないものです。

b0199933_1741873.jpg

[PR]

by mamakoba | 2013-11-07 17:42 | Comments(0)  

生姜の佃煮

保存してあった新生姜で佃煮を作ります。スライスした生姜は茹でこぼします。鍋に入れたら、ひたひたの水に調味料(酒、酢、味醂、砂糖と醤油も少し)を入れて煮て、途中で塩昆布も入れます。煮あがったら鰹節とゴマをまぶして出来上がり。味はお好みで!常備菜にしてご飯に少し乗せて食べると体も温まりますよ。

b0199933_17344325.jpg


今週はDVDでフランス映画を2本観ました

愛・アムール(2012年アカデミー外国映画賞受賞)
パリの高級アパートで悠々自適で穏やかな老後生活を送っていた老夫婦だったが、妻が病に倒れてしまう。夫は車椅子生活になっても病院に行きたがらない妻を支えながら、自宅で今まで通りの生活をすることを決意する。しかし病状は悪化し、その先に待っていたものは...。夫のジョルジュを演じたのが1960年代のフランス映画の名作「男と女」でアヌーク・エーメと共演したジャン=ルイ・トランティニアン。フランシス・レイの音楽と共に大ヒットしましたね。

みんなで一緒に暮らしたら(2012年公開 フランス映画)
パリの郊外に住む、40年来の友人同士である二組の夫婦と一人暮らしの男の5人が、人生の終わりをどのように過ごすかを考え、共同生活を始めたことから生まれるドラマ。ジェーン・ホンダ,ジェラルディン・チャップリンが共演。久々に二人を観ました。
哀しい結末も待っていますが、誰にでも起こり得る現実です。2本ともシニア世代を取り上げたドラマですが、この頃このような映画がやたら多いなあと感じるのは私が歳を取ったからでしょうか…
[PR]

by mamakoba | 2013-11-07 17:36 | Comments(0)