<   2011年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

里桜の下でピクニック

今、森の中は八重咲きの里桜が満開!里桜と言っても種類がたくさんあってどれも素敵。桜好きの友人がその名前を教えてくれるのですがなかなか覚えられません。私はソメイヨシノより色も濃くて可愛らしく丸くまとまって咲く里桜が好きです。今年もこんなに美しく咲いてくれたのに大勢の人に観られないなんて可哀想...。桜の下でお弁当を食べない?と誘ったら、地震以後初めて友人がやって来てくれました。誰もちょっと遠出の外出にも慎重になっているようです。雨の翌日の明るく晴れた日曜日、お弁当を食べながらお喋りをして、久しぶりにのんびりと桜に彩られた春を楽しみました。震災で桜を観ることが出来ずに亡くなられた方を思うと心が痛みますが、いつもと変わりない生活が送れることに感謝します。皆さん来年は是非いらしてください。一緒にピクニックしましょう。

ピクニック弁当
b0199933_15415734.jpg

関山
b0199933_21531947.jpg

里桜の代表的な品種で鮮やかな紅色。塩漬けで保存してお祝いの時に桜湯として使われるのはこの桜。

一葉
b0199933_15434213.jpg

b0199933_15444143.jpg

花の中心から葉化した雌しべが一本出るのでこの名がつけられたそうです。薄桃色の優しい色あいです。
[PR]

by mamakoba | 2011-04-28 15:53 | Comments(0)  

土筆

b0199933_21453536.jpg

b0199933_21462878.jpg

森の桜を観ようと川沿いを歩いていると、土筆がにょきにょき頭を出しているのを見つけて、ついつい道草をして摘みました。桜の頃にはいろいろな人と土筆摘みをしたことを想い出します。はかまを取ってから、酢を入れたお湯でさっと茹でて、キンピラにします。これもほろ苦い春の味です。はかまを取るのはけっこう面倒ですが、亡くなった義母がいる頃は「これは私の仕事ね」と、いつでも取ってくれていました。

森の中の山桜
 ここの山桜は色とりどりで素敵ですよ
b0199933_2147495.jpg

モミジの新芽と桜
b0199933_21484944.jpg

[PR]

by mamakoba | 2011-04-20 21:51 | Comments(0)  

鯵寿司

娘が来ると必ず大好物の寿司ご飯をリクエストします。今回は私流の鯵の押し寿司の作り方です。
作り方
①刺身用の鯵を3枚におろして、塩を振って1時間ほど置きます
②昆布をひたひたの酢に浸しておきます(鯵2尾で15cmの昆布3枚くらい)
③鯵をペーパータオルなどで水気を拭き、小骨を取り皮を剥きます
④昆布に鯵を挟んで冷蔵庫に一晩置きます(生っぽいのが好きでしたら数時間でもOKです)
⑤寿司ご飯を作り紫蘇の葉をはさんで押し寿司を作ります

b0199933_21353347.jpg

[PR]

by mamakoba | 2011-04-20 21:42 | Comments(0)  

芹摘み

田んぼの畦道で芹摘みをしました。下の写真左にあるのは農家でいただいた自家製の胡麻です。日本で使用される胡麻は、その99、9パーセントを輸入に頼っているそうです。国産胡麻のほとんどは鹿児島県喜界島で生産され、8~9月頃の収穫時期に、集落に胡麻の天日干しの「セサミストリート」が出現するそうですよ。私はいただいた貴重な胡麻を使って胡麻和えにしました。すり胡麻、塩、大蒜と胡麻油で和えてナムルにしても美味しいです。

b0199933_23394039.jpg

b0199933_23401569.jpg

[PR]

by mamakoba | 2011-04-14 23:43 | Comments(0)  

庭の花

ユスラウメ
とっても綺麗な花で、赤い小さな実がなります。
b0199933_23171463.jpg

水仙
b0199933_23212999.jpg

大地震から1ヶ月経った11日と12日にまた福島、茨城で震度6弱という大きな余震がありました。
地殻が動き各地にひずみがあるので強い地震誘発には10年間要注意との事。不安で落ち着かない毎日が続いています。地震、津波、原発の3重苦。さらに風評被害をも負っている被災者の人はもっと苦しんでいるのを忘れないようにしなければなりませんね。
「人間は安全が保証される範囲で発展を遂げるべきで、人災と言える事故を起こしてまで発展する必要はないはずだ。」と言う発言が新聞に載っていました。
福島原発の事故がチェルノブイリと同レベルの7に引き上げられたと12日のニュースで発表され、全世界を震撼させました。
原発が日本にどれほど存在しているかを知り、また絶対の安全など無いことをこの事故で誰もが実感したはず。地震のない国ならともかく、日本はいつ地震が起きてもおかしくないという国なのですから、これからも不安です。原発に変るエネルギーを得られるよう願いつつ、私たちにできる節電はこれからも忘れずに心がけなければ。放射能に関しても長引く不安に恐れているだけでなく、正しい情報と知識をもって自分自身で判断して付き合っていく覚悟がいるのだと思っています。
そして自粛自粛ばかりでは日本の経済も沈んでしまいますから、私たちは早く普通の生活に戻して、企業の利益を被災地に還元してもらいましょう。世界各国からの支援、チャリティーも嬉しいこと。被災地への想いを、ボランティアで働いたり、チャリティーをして励ましている人達にも感謝します。
[PR]

by mamakoba | 2011-04-14 23:37 | Comments(0)  

モンブランタルト

秋に保存した栗の渋皮煮の瓶詰めと栗のフレークを利用して、季節外れですが娘にモンブランを習いました。まずタルト生地の上にアーモンドクリームをのせてから40~50分位焼いて冷ましておきます。栗のフレークは牛乳とお砂糖で練り、香りにラム酒を加え栗ペーストを作ります。栗の渋皮煮は小さく切って、トロっと泡立てた生クリームと合わせてタルト台の上に山高にのせます。最後に栗ペーストを絞り袋に入れて山の中心に向かって絞るのですが、これがなかなか難しくて娘の手がたくさん入っています。秋になったら一人で挑戦するつもりです。手間は掛かりますが、とても食べ応えのある大好きなお菓子。知り合いのお嬢さんの進学祝いに!

b0199933_212232.jpg


東京では桜がほぼ満開のようですね。今日、森の中を歩いたら枝垂れ桜の開花はまだでしたが、桃の花とレンギョウが満開で春らしくなっていました。川沿いの道は鳥の声と水の音、田んぼに耕運機の音がするだけですが、震災後に変ったのは野鳥の写真を撮りに来ていた人達の姿が全く見られなくなったことです。

b0199933_2134438.jpg

b0199933_2142949.jpg

[PR]

by mamakoba | 2011-04-07 21:10 | Comments(0)  

余り布

こんなの作って!と娘が私のところにいろいろな布を持ち込みます。余り布がいっぱい。もったいないので今回はトートバッグを作りました。イケアで買ったというインテリア用の布はしっかりしています。大胆な柄ですが、明るい太陽の下に映えるかしら...?長さを調節して肩に掛ける事もできます。

b0199933_1625347.jpg

ヨガは呼吸と共にしっかりやると、お腹の中心にあるエネルギー(プラーナ)が手足の指先、頭のてっぺんなど隅々まで行き渡って温かく身体が軽くなります。激しい動きではないけど、関節が柔らかくなって怪我も減りますね。被災地の方々の復興を願う気持ちを忘れずに元気な日常を取り戻して行きたいと思います。
[PR]

by mamakoba | 2011-04-01 16:04 | Comments(0)  

ほろほろクッキー

ココア味と抹茶味とバニラ味3種。材料に卵を入れずにクルクルっと丸めて作ります。口の中に入れるとほろほろっと崩れる食感でほろほろクッキーです。
姉のお姑さんがフィナンシェのことをソフトケーキと呼んで、いつもとても気に入って食べてくださいました。その方も昨年96歳で亡くなり、今年の一周忌の仏前にと思って作りました。

b0199933_15582968.jpg

[PR]

by mamakoba | 2011-04-01 15:59 | Comments(0)