<   2010年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

姑の話

b0199933_21123133.jpg

クリスマスイブの朝、義母が亡くなりました。95歳と半年。眠っている間の脳出血です。入院することなく、自分の望んでいたような死に方で逝ってしまいました。11月末に手紙をもらっています。悪くなった白内障のレンズをレーザーで治療したら、よく見える様になって嬉しいとのこと。私や娘に会えるようにまた少しずつ歩く練習をしていますとのこと。しっかりした字で書かれていました。全く起きられなくなったのは3日間だけだったそうです。
東京の麻布で産まれた義母は女学校卒業後に挿絵画家の夫と結婚して目まぐるしく忙しい毎日を過し、28歳の時夫に先立たれてしまったのです。そして戦中戦後を苦労して二人の息子を育てました。
義母の凄いところはとっても記憶力の良い事。昔のことをとても良く覚えているのです。引越し好きの夫だったので東京の根津辺りで5回位の引越しをしているのですが、何丁目何番地まで記憶しているし、小学校や女学校の友達をフルネームで全部言ってみせたり、ビックリです。女学校の時避暑に行った千葉の海で溺れ、死にかかった時の臨死体験も聴きました。小学校の時選ばれて、青い目の人形のお返しに日本人形を贈る役をやったこと。女学校への通学時に渋谷駅で本物のハチ公を見たという話。また夫が菊池寛の新聞小説「貞操問答」の挿絵を描いていた関係で仲人をしていただいたそうです。盆暮れには愛飲のキャメルという煙草を届けたそうで、「菊地さんはいつも玄関の奥に座っていたわよ。」とか、「井伏さん(鱒二)は原稿を書くのが遅いから、奥さんが夜遅くタクシーで家に原稿を届けに来て、それから明日の朝刊に間に合うように挿絵を描くから大変なのよ」とか、当時の文化人の方々の面白い話もいろいろ聞きました。
15年間私達と暮らして、その後八王子の方に移りましたが、93歳まで一人で3時間以上かけて電車を乗り継ぎ、我が家に来ていました。私達と暮らした15年間は、借りた畑で野菜作りを研究して楽しんでいました。79歳の時に八王子に移ってからは庭がないので、今度は図書館通いの楽しさを見つけて6年間に1000冊の本を読んだと言っていました。その後も読み続けていたので、どれほどの本を読んだのでしょう。「図書館中の本を抱え込みたいと思ったわ。」と言うほど本の魅力にはまったみたいです。大雨以外は毎日外に出て歩くので、町の中で評判になり、知らない人からいろいろ声を掛けられたそうです。自分の意思でなく環境が変わった中でも前向きに人生を開いていました。強い意思と柔軟な頭を持たなければいけませんね。母から教わりました。私が何かを作るといつでも誉めてくれるのです。それも励みになりました。喜んでくれる顔をみるとまた頑張ろうという気持ちになりますから。晩年は28キロしかなかった身体にどうしてこんなパワーがあるのかと思うのですが、何時間でも話し続けられるのです。聴いている方がへとへとになってしまう程。私はいつも聴いているので何となく聞き流してしまっている部分もあるので、今となってはもっとしっかり聴いておけばよかったと後悔しています。義母の話がテープにとってあるので、後でゆっくり聴いてみようと思っています。日記も毎日つけていました。母からの手紙は15年間で5冊のファイルいっぱいです。95年間の波乱万丈な人生を本当にしっかり生きてくれました。お母さんありがとう。ゆっくりお休みください。 
もうすぐ2010年が終わりますね。新年のご挨拶は遠慮させていただきますが、皆さん良いお年をお迎えください。
[PR]

by mamakoba | 2010-12-29 21:24 | Comments(0)  

味噌作り

材料は大豆2㎏、米糀2kg、塩800gの割合で作ります。
前の晩から浸けて置いた大豆を柔らかく煮てすり潰したものに、塩と糀を混ぜて瓶などに隙間なく詰め込みます。隙間があるとそこからかびることがあるので要注意です。途中天地返しをして、1年程寝かして出来上がりです。

b0199933_0234552.jpg

b0199933_0252316.jpg


初めて作ったのは30年以上も前ですが、その頃はすり鉢で大豆を潰していました。その後ミンサーで少しずつくるくると回して潰していました。昨年餅つき機が壊れたら、娘が新しい餅つき器をプレゼントしてくれたのですが、それにはなんと大豆をすり潰す機能が付いていたのです。とても楽々になりました!
今年も娘と二人で朝から夕方まで圧力釜を回しっぱなしで作りました。地場産の材料で作るので安心で美味しいと待っていてくださる人がいるのでたくさん作ります。このお味噌を作ると今年も終わりだと思うのです。
(12/18)
[PR]

by mamakoba | 2010-12-28 00:27 | Comments(0)  

蒟蒻作りました

知り合いの農家の方が蒟蒻を作りましょうと誘ってくださいました。私は初めての経験なので喜んで飛んで行きました!蒟蒻芋なんて作る気がなかったのでお店で見たこともありませんでした。今夏あまりに暑かったので芋の出来がとても悪かったそうです。蒟蒻芋の姿、初めて確認しました。
作り方は以外に簡単で、手作りはまたとっても美味しいです。出来たてをわさび醤油でいただいたり、温めて柚子味噌をつけてもまた美味ですよ!(12/17)

b0199933_042887.jpg

b0199933_054582.jpg

b0199933_064070.jpg


蒟蒻の作り方
材料
蒟蒻芋                          1㎏(土付き) 
水                              3.4l位 
水酸化カルシウム(消石灰)又は炭酸ナトリウム   20g 
湯                            100ml
作り方
①蒟蒻芋を洗ってしっかり土を落とし、芽を基点にして4等分に切る(蒟蒻マンナンが芽の周囲に集中しているため)
②芋がかぶる程度の水で、皮のついたまま水から30分位茹でる。箸をさして、すーっと通るようならOK。多少柔らかめに茹でた方が後で皮が剥やすい
③ 芋を冷ましてへらなどを使って皮をこそげ取り、芽や根や傷んだ部分を取り除く。包丁は芋の身を削りすぎてしまうので使わない。(皮を残すと黒い蒟蒻に仕上がる)
④芋と水を数回に分けてどろどろになるまでミキサーにかける。(水の量は皮を剥いた芋の量の3.3~4倍)
⑤ミキサーにかけたら中身をボールにあけ軽く混ぜ合わせ、そのままの状態で40分程ねかせる。その後40回ほど手でかき混ぜる
⑥湯で溶いた凝固剤(水酸化カルシウム又は炭酸ナトリウム)を加え、全体がよく混ざり合うように練る。凝固剤を加えるとすぐに固まってしまうので手早くかき混ぜる。
⑦混ぜ終わったら型に入れて上部をたたきながら平らにし、空気を抜く。丸めれば丸い蒟蒻ができる。
⑧そのまま半日ほど蓋をしないで置いておく。固まったら逆さまにして型から出し、適当な大きさに切る
⑨沸騰した湯の中に入れて、再び沸騰してから40分ほど茹でる。保存はゆで汁を洗い落とさずビニール袋等に入れて冷蔵庫で。
[PR]

by mamakoba | 2010-12-28 00:13 | Comments(0)  

長野の林檎

長野の林檎を送っていただきました。とても美味しいふじです。そのままでももちろん美味しいのですが、柚子と一緒にお砂糖と和えてもまた美味しいので試してみてください。
柿と柚子も相性が良いですよ。

b0199933_23544241.jpg

[PR]

by mamakoba | 2010-12-27 23:57 | Comments(0)  

サンタクロースのお人形

我が家のサンタクロースは15年程前に、ロサンゼルスに住む友人に連れて行ってもらったマーケットで見つけて買ったものです。今では日本にも進出しているコストコだったかは確かではないのですが、そこは倉庫みたいな巨大なお店でビックリしました。

b0199933_19303680.jpg

[PR]

by mamakoba | 2010-12-21 19:31 | Comments(0)  

キャンドルライト

陶器で作りました。暗くすると光がこぼれて綺麗です!土が乾かないうちにと、何時間も丸い穴を開け続けましたが、出来上がった時には手に豆が出来ていました。

b0199933_19262499.jpg

[PR]

by mamakoba | 2010-12-21 19:27 | Comments(0)  

友達のクリスマスカード

友達から素敵な手書きのクリスマスカードが届きました。サンタクロースの切手も可愛いでしょ!

b0199933_1921436.jpg

[PR]

by mamakoba | 2010-12-21 19:24 | Comments(0)  

丸の内のクリスマスツリー

丸の内を歩いていたら街角にロールスロイスが置いてありました行く度にお洒落な街になっていて、オフィスビルのウィンドーを観て歩くのも楽しいのです。今はクリスマスの雰囲気でいっぱい。

丸ビルのクリスマスツリー

b0199933_2211394.jpg


明治安田生命ビル
正面に見える建物は重要文化財の明治生命館です

b0199933_2231011.jpg


ブリックスクエア広場のツリー

b0199933_2235995.jpg

[PR]

by mamakoba | 2010-12-18 02:32 | Comments(0)  

カボチャプリン

友人から、北海道から送ってもらったという大きな南瓜をいただきました。それは特別に美味しい味でした!
カボチャプリンも作ってみました。

b0199933_2125178.jpg


友達へのお土産に作ったアーモンドケーキ。生地にアーモンドプードルが入った香りの良いお菓子で、軽いのでいくつでも食べられそう。

b0199933_044777.jpg

[PR]

by mamakoba | 2010-12-18 02:13 | Comments(0)  

胡桃バター

お土産に信州の胡桃をいただきました。とても美味しいので、胡桃を割りながらついついつまみ食い。今回はピーナッツではなく胡桃バターを作ります。

b0199933_16342592.jpg

胡桃バター
材料
胡桃                  150g
オイル又はバター          60g
はちみつ                60g
ブラウンシュガー           20g
塩(有塩バターの場合はなし)   小1/4。
作り方
①バターの場合は室温に戻して柔らかくしておく。胡桃は焦がさないように軽くローストする
②胡桃をフードプロセッサーでペースト状にする(粒々を残しても 美味しい)
③胡桃にその他の材料をよく混ぜ合わす
*バターは美味しいんですけど、冷蔵庫に入れておくと硬くなるので、私はグレープシードオイルを使いました。 
[PR]

by mamakoba | 2010-12-10 16:43 | Comments(0)