釜石小学校 校歌

2月17日(日)にテレビ朝日「題名のない音楽会」―みんなで歌おう!ユニーク校歌大集合―が放映され、最後に登場したのが私の母校の校歌でした!女声パートと男声パートのある校歌では珍しい混声四部合唱で、生徒がなかなか歌えない高難度の校歌という紹介です。何十年振りかですが、思わず一緒に歌ってしまいました。歌はあまり得意ではないのですがこの難しい校歌は講堂に集まって厳しく練習させられましたから…そのおかげですかねぇ。
3拍子とかバイリンガルとかユニークな校歌の中で、岩手県釜石小学校の校歌が素晴らしかったのでご紹介します。
あの2011年3月11日の大震災の日。釜石小学校の全校生徒全員が下校した後にも関わらず、津波の迫りくる中、子供たちが自分で判断し、逃げようとしない大人を説得しながら高台へと逃れ、184人の生徒全員が助かったのです。日頃から実践的な防災教育をしていたということもありますが、あの緊迫した場面で行動できたことは、生徒ひとりひとりにしっかりとした想像力や判断力が身についていたのかと驚くばかりです。この歌詞の素晴らしいメッセージもしっかりと子供たちの胸に届いているのですね。笑顔で歌う子供たちに感動して胸が熱くなります。作詞、作曲はひょっこりひょうたん島の井上ひさしさんと宇野誠一郎さんのコンビだそうです。校歌としてではなくても、どこの学校でも歌っていったら良いと思います…。
再放送「題名のない音楽会」
  BS朝日 2/23(土)PM6:30~ 2/24(日)PM11:00~  

釜石小学校校歌
【作詞】井上 ひさし
【作曲】宇野 誠一郎

いきいき生きる いきいき生きる
ひとりで立って まっすぐ生きる
困ったときは 目をあげて
星を目あてに まっすぐ生きる
息あるうちは いきいき生きる

はっきり話す はっきり話す
びくびくせずに はっきり話す
困ったときは あわてずに
人間について よく考える
考えたなら はっきり話す

しっかりつかむ しっかりつかむ
まことの知恵を しっかりつかむ
困ったときは 手を出して
ともだちの手を しっかりつかむ
手と手をつないで しっかり生きる
[PR]

by mamakoba | 2013-02-21 16:56 | Comments(0)  

<< パンネクック レバーペースト >>