白玉クリームあんみつ

b0199933_15585269.jpg

b0199933_16012720.jpg

小豆を煮て、つぶし餡を作りました。カボチャと豆腐入りの白玉に、アイスクリームをのせてシロップをかけます。フルーツも飾って!


瓜と青紫蘇の漬物

はぐら瓜の漬物です。中の種を取って塩をくるっとつけたら、重い重しをのせて、まず瓜を塩漬けにします。2、3日して上がった水を捨てて取り出します。大量の青紫蘇をざく切りにしてニンニク、唐辛子を入れて、薄めの塩で混ぜたら、瓜の穴に詰めます。それにまた重しを乗せて漬けると出来上がり。水を捨てて冷蔵庫に保存します。とても美味しい漬物ですよ。

b0199933_15591509.jpg
b0199933_15592599.jpg


ふがいない僕は空を見た  窪
美澄(第24回山本周五郎賞受賞作)

b0199933_16000240.jpg

5人の登場人物の言葉で語られ、それが1つのストーリーになっているのですが、最初が高校生とコスプレの主婦との不倫から始まるので、どんな展開?かと...それぞれの人間の持つ性、愛や憎しみ、嫉妬、劣等感、後悔など抱えて誰も生きている。主人公の深い苦悩が読んでいて重かったですねぇ。普通にみえる人でもどうしようもなく厄介なものを抱えているものです。でも誰もどうにか乗り越えて生きていくしかないのですね。
[PR]

# by mamakoba | 2017-08-17 16:11 | Comments(0)  

わんぱくサンド

b0199933_16311134.jpg

今話題のボリューム満点のわんぱくサンド。

私のはジェノベーゼで味付けした鶏もも肉、レタス、茹で卵、トマトにちょっとすっぱいキャロットラぺがアクセント。ぎゅうぎゅうに挟んでラップで包み、真ん中から切って断面を見る時が楽しみ!とーっても美味しいおすすめのサンドイッチです。具材はアボカド、キュウリ、チーズなどいろいろ変えて作ると楽しいですね。皆さんそれぞれ違った美味しいサンドイッチを作ってください。


一瞬の風になれ
 佐藤多佳子著(2007年 本屋大賞受賞作)

b0199933_16313053.jpg

幼なじみでいつも一緒にかけっこをしていた信二と連。この二人が春野台高校陸上部に入部した。天才スプリンターと言われるが体力がなくあまり努力しない連とサッカーに挫折して走ることに挑戦する未完の才能を秘めた信二。特に強豪でもないこの高校がインターハイへと高まって行く3年間を信二の言葉で語られる物語。100m200m400リレーなど短距離をどう走るか。予選、準決勝、決勝への速さの配分、予選、準決勝で頑張りすぎてもダメ。最後の決勝まで余力をもっていかなくては...集中力、バトンの渡し、運もある。勝負の厳しさに出あいながら、その瞬間のための毎日の積み重ねの大切さを身体で感じて成長する姿。連の背中を見て走りながら、いつか並んで走ろうと頑張る。負けても、悔しくても走ることが楽しいと思えることが尊い。一瞬の風になるために。つかみどころがなくクールな連と真面目で真っすぐな性格の信二。二人の魅力にみんなはどちらのファンになるでしょうか。スポーツはあまり...という人でも面白く読めます!3部作と長いのですが一気に読めました。
[PR]

# by mamakoba | 2017-08-10 16:34 | Comments(0)  

今日のお弁当

b0199933_16582629.jpg

今日もお弁当を作りました。鶏の胸肉にたたいた梅と紫蘇、チーズを入れて巻いたフライと冷蔵庫にある野菜をできるだけたくさん使って。


朝が来る 辻村
深月

b0199933_16591041.jpg

不妊治療の末、特別養子縁組で子供を引き取った夫婦。息子が6歳になったころ、「子供を返してほしい」と実の母だと名乗る女性からの突然の電話が入る。子供を産んだのは中学生のひかりという少女。ひかりは子供を産んだことで実の母親からも疎まれ、家を出る。相談できる人もなく辛く、困難な生活の末に、手を差し伸べてくれるのは...。希望の光を感じながらラストを迎えるのが救われます。不妊治療の困難、苦しさ、子育て、養子の問題などと、外国と違って日本では養子への偏見が強いことも考えさせられます。

b0199933_17000633.jpg

あぜ道を散歩していると、あおあおとした田んぼを渡って気持ちの良い風を届けてくれます。実った稲穂も重そうで、もう1か月もすると収穫の時期がきます。


[PR]

# by mamakoba | 2017-08-03 17:19 | Comments(0)  

ブラックベリーのシロップとベリーとヨーグルト風味のババロア

b0199933_12290839.jpg

今年のベリーもたくさん収穫できました。

ベリーと同量のグラニュー糖を何キロも入れてシロップを作りました。氷とタンサンで割ったジュースは美味しい!と飲んでくれるのが嬉しくて。
シロップとヨーグルト風味のババロアも作りました。


サラバ(上・下) 西 加奈子 
152回直木賞受賞作

b0199933_12294935.jpg

子供の頃からマイノリティであることに情熱を傾け皆の注目を集めるために奇行に走る、変わり者の貴子という姉とチャーミングだがその姉と衝突ばかりしている母。真面目でおとなしい父。そして家庭の全ての問題から逃げてばかりの主人公の歩、4人家族の30年余りの物語。歩は父の赴任先のイランで産まれ、1歳半の時にホメイニによる革命があって、日本に帰国。小学校の1年の時に再度、父の赴任でエジプトのカイロに行く。そこでヤコブという同い年の少年との運命的な出会い。言葉も通じないのになぜか分かり合える二人に「サラバ」という合言葉が生れるのです。エジプトで父宛の1通の手紙を受け取ったために離婚せざるを得なかった両親。その訳も最後に明かされるのですが...帰国のため、ヤコブとの突然の別れと家族の崩壊。大阪で中学高校を過ごした後は家族から逃げるように東京の大学へ。一時は雑誌の記事を書くライターとなり、世界を飛び回るような存在にもなるが、またも姉の奇行のストレスなどの心労も重なり一気に自信を失う。同時に仕事も断り、楽な方へ楽な方へと流れ、働くこともやめてしまう。そんな歩に対して、様々な困難や経験を乗り越えて大人になった姉が言う。「歩むには芯がないの。それがないから揺れているの。信じるものを見つけなければいけない。あなたは誰かと自分を比べてずっと揺れていた、あなたが信じる物を、誰かに決めさせてはいけないわ。」あんなに自分たちに迷惑をかけた姉の言うことをすぐには受け入れられない歩だったけど、「あなたを愛している。歩、歩きなさい」という姉の切々とした手紙の言葉は、歩の心を乱す。ヤコブとの再会は?歩の再生は?と物語の展開に引き込まれます。本には印象に残る言葉がたくさんちりばめられていますね。イランのテヘラン、エジプトのカイロは、実際に西加奈子さんが幼少時代を過ごしたところだそうです。


[PR]

# by mamakoba | 2017-07-27 12:37 | Comments(0)  

庭での楽しみ

庭に植えたミニトマトにたくさんの実がなって、通る度につまんで食べています。

b0199933_14445718.jpg


10
年くらい前に、庭の隅に小さな苗が生えていました。鳥が運んでくれた種なのかも...

木が育って、毎年綺麗な白い花が咲くようになりました。木の肌を見て、私は桜だと思っていたのですが、今年たった一つですが実がなりました!でもこれは桜ではない!だんだん赤くなってきました。それが何の果実なのか?食べるのを楽しみにしています。

b0199933_14452122.jpg


夜のピクニック 恩田陸著

b0199933_14455740.jpg

全校生徒が夜を徹して80キロを歩き通すという高校伝統の歩行際。貴子はこの一日にある賭けをして挑む。奇跡がおきるのか...その完結までも最後まで面白く読ませてくれます。高校生それぞれの悩みや葛藤、恋など精神的にも肉体的にも辛いなかでどう展開するのか。登場人物それぞれの個性の描き分けも際立っています。自分の高校生活を思い出しながら読み進めました。

今年2017年に「蜜蜂と遠雷」で直木賞と本屋大賞をダブル受賞した恩田さんはこの本で2005年にも本屋大賞をとっているのですね。


[PR]

# by mamakoba | 2017-07-20 14:53 | Comments(0)  

チョコレート渦巻きパン

b0199933_16582872.jpg

このパンはちょっと難しくて、私はパンを捏ねただけ。チョコレートの生地を層にするために、何度も折るのですが、生地を破らないようにするにはていねいに、ていねいに...しなくてはならないのです。私はこのていねいに!が難しく、まだ一人では出来ない。とあきらめて、娘の作るのを見ていて、焼きあがるのを楽しみに待っていました。美味しいパンです。


サンシャイン水族館

ひさびさの水族館です。暑い日だったので中は涼しくて、別世界でした。世界中の魚、見たこともないカラフルなカエルや亀まで、楽しんで見学してきました!


b0199933_16585371.jpg

アマゾン川の水面上と水面下を同時に観られて面白い!

b0199933_16592079.jpg




[PR]

# by mamakoba | 2017-07-13 17:05 | Comments(0)  

お弁当

b0199933_16193518.jpg

ひじきの五目煮、ジャガ芋とミニトマトのコンソメ煮、ホウレンソウとシメジの胡麻和え、厚焼き玉子、豚カツ、サラダ。

お弁当には野菜をいろいろ入れて...ミニトマトやインゲン、コーンなど冷凍しておくと重宝します。


本屋さんのダイアナ 柚木麻子著

b0199933_16443826.jpg

大穴と書いてダイアナ。名前にコンプレックスを持った本の大好きな女の子と裕福な家庭の彩子。二人が親友になってから、絶交して、また再開するまで10年。それぞれに悩んで悩んで大人になるまで、家族との関わりを含めての物語。

ダイアナと言う名前は、赤毛のアンの親友と同じ名前。物語の中に「みんながみんなアンみたいに飛びたてるわけじゃない。ほとんどの女の子は村の中で生きて行く。脇役のダイアナこそが多くの女の子にとって等身大で、永遠の〝腹心の友〟たるべき存在だから...。アンみたいに変わった女の子があの小さな村で受け入れられたのは、ダイアナが親友になったからだと僕は思っている。アンの良いところをダイアナは自然に引き出してあげたんだ」との文章が出てきますが、赤毛のアンシリーズを深く読んでいるのですね。

赤毛のアンシリーズの「アンの愛情」の巻末に村岡花子さんが二人のことを書いている文章も紹介してくれてありますが、今もう一度読んでみたいと思いました。


[PR]

# by mamakoba | 2017-07-06 16:48 | Comments(0)  

玉ねぎのクリームスープ

b0199933_13334870.jpg

新玉ねぎと新じゃが芋が美味しい季節ですね。私も農家から分けていただきましたので、スープを作ります。玉ねぎの甘味がやさしい味です。

玉ねぎは薄切りにしてバターでしんなりするまでよく炒めます。焦がさないようにじっくり炒めると甘味が出てとっても美味しくなります。充分に炒めたら水と固形スープを加えてあくをすくいながら2030分くらいコトコトと煮ます。そこに薄切りにしたジャガイモも加えて、柔らかくなるまで煮たら、塩、胡椒で味をととのえます。コクを出すため生クリームとバターも加え、パセリのみじん切りをふって出来上がり。


みかづき 森絵都著

b0199933_13341052.jpg

戦後から平成、当時数少ない学習塾を立ち上げた女性と教育に身を奉げたその家族3世代それぞれの考え方の違い、裏切り、和解など長い年月の歴史と共に、学校教育と学習塾の対立や文部省の考え方の変遷など教育という難しい問題をわかり易く理解させてくれます。舞台が東京にほど近い、船橋、習志野など聞き覚えのある地域ということも、私には興味深く読めました。現在、ここまで子供たちのことを考えて教育する先生はいるのだろうか...とも考えてしまいますが、教育とは三日月のようなもの、かけている自覚があればこそ、人は満ちよう、満ちようと努力するのかもしれないという様な言葉が印象的でした。


[PR]

# by mamakoba | 2017-06-29 13:37 | Comments(0)  

バナナオムレツケーキ

b0199933_16071446.jpg

生地はスポンジケーキと同じですが、これはレンジで1分ほどチンとするだけで出来るので簡単。シロップを塗ってから生クリームとバナナを挟んであります。オレンジやキウィなど好きな果物を挟んでどうぞ。


桜風堂ものがたり    村山早紀著

b0199933_16081152.jpg

書店員さんたちが良い本を1冊でも多く売ろうと頑張る熱意が伝わってきます。書店の内情がわかるのも興味深いです。万引き事件で10年勤めた書店を辞めることになった主人公の青年への書店員さんの優しさに心があたたかくなります。読み進むうちに、この青年の少年時代の不幸な出来事やあまり他人に見せない一面もぽつぽつと明らかになるのですが...とても読後感の良いお話。この本の続編が出たら、また読みたいと思ってしまいます。


[PR]

# by mamakoba | 2017-06-22 16:13 | Comments(0)  

ココナッツクッキーとアーモンド入りパイ

軽いクッキー2種です。お茶と一緒につまみながら本を読む時間は最高です!

b0199933_16512475.jpg

蜜蜂と遠雷  恩田 陸著  
(第
56回直木賞受賞作 2017年本屋大賞受賞作)

舞台は芳ケ江(よしがえ)国際ピアノコンクール。3年ごとに開催され、6回目を迎えるこのコンクールで、1次、2次、3次、本戦へと、特に主役となる4人のピアニストたちが優勝を目指していく姿を追っていくのですが...誰が本戦に残るのか誰が優勝するのか、最後の最後までわかりません。そこに審査員の揺れ動く感情も入って、読み手はぐいぐいひっぱられていくのです。圧倒的な表現力でピアノの音が本の中から聴こえてくるかのような錯覚を覚え、登場する天才たちのぶつかり合いに手に汗を握りながら読み進みました。ピアノの11音までが言葉になって書かれているので、音楽に疎い私でも、そこで聴いているかのような臨場感があって驚かされます。直木賞と本屋大賞を同時受賞したのは恩田陸さんが初めての快挙ということです。素晴らしい作家さんですね。

庭から収穫した大蒜を干しています。小さいけど3倍くらいにはなったかなー!

b0199933_16524446.jpg


[PR]

# by mamakoba | 2017-06-15 16:57 | Comments(0)